借金談

20代で1,000万円の借金をした理由

借金ブログ1記事目。

借金をしていることを隠している人もいるかと思うが、僕は平然と友人に話している。

「借金が1,000万円以上あって…」

「毎月返済が20万円なんだ。そのうち半分は利息なんだけどね(笑)」

といった感じで、友人や同僚に気楽に話しちゃっている。

地元の友達にときどき会うと、「借金は減ったか?」と「How are you?」くらいのノリでいつも聞いてきてくれる。

借金があることを打ち明けると、大半の人にまず聞かれるのが、

「何にそんなに使ったの?」である。

借金の使い道はみんな気になるものなのだろうか?

聞かれるといつも回答に困ってしまう。

使い道がいろいろあったので、具体的に答えられないからだ。

だから、いつも「いろいろね。」と回答している。

事業に失敗したわけでもない、家庭の事情でもない、女に貢いでもいない。
20代を自分の考える20代らしさで過ごしてみたら、借金が増えていたのである。

あまり過去に浸っている時間はないのだが、誰でもある経験ではないと思う。

借金をして何にお金を使ったか、良いお金の使い道だったなのか振り返ってみたい。

また、借金をして悩んでいる人がいたら勇気を出してもらいたい。

僕は1000万円以上の借金があっても楽しく暮らしている。
毎日、それなりに遊んでいるし、楽しい日々だ。

同士として頑張ろうではないか!

借金1000万円の借入先

f:id:roshgoom:20180803222209j:plain

本題に入る前に僕の借入先を紹介する。

クレジットカード:135万円

クレジットカードは3枚持っていて、全て限度額までリボ払い状態だ。
大学生時代から続いている最もの歴史の長い負債である。

28歳頃までは50万円ほどに留まっていたが、途中で増枠ができ増えてしまった。

みずほ銀行カードローン:200万円

初めて借りたカードローン。24歳頃だろうか。

初めは50万円くらいだった気がするが、ATMを利用したときに「借り入れ増額できます」といった案内があり、「なんと、有難い!」と思いまんまと借りてしまった。

そんなことを2度続けて200万円に到達してしまった。

楽天銀行スーパーローン:150万円

みずほのカードローンが借りれなくなった時に、お金が必要になり申し込みをしてみたら「限度額は200万円です」と言われた。

「えっ。本当ですか?」と、言いながらの戸惑いと安堵と喜びが混じった感情は未だに忘れない。

途中で何故か借り入れができなくなり、毎月3万円ずつ返済しているため150万円まで 減った。

バンクイック:100万円

楽天スーパーローンの200万円で感覚が麻痺してしまい、1ヶ月で100万円を使ってしまった。

ちょっとヤバイなと思いながらも、借り入れは止まらなく楽天スーパーローンが限度額に到達。

鬱々とした気持ちになり新橋を歩いていると、阿部寛と目が合い気がついたら自動契約機の中に。

ここはこれまでのように200万円とは行かなかったが、100万円の借り入れは大きかった。

レイク:90万円

消費者金融には手を出したくないと思い、いろいろ調べて辿り着いた銀行系カードローン。

転職したばかりで信用も下がっていたのか、借り入れ額は大きくなかった。

1度増枠して合計90万円の借入。

先輩から:100万円

カードローンの返済が増え、もはや毎月の薄給ではやり繰りできなくなってしまった。

そんなとき、「本当に困ったら相談してね。」と昔言ってくれていた先輩を思い出し、頼った。100万円お借りした。

プロミス:155万円

ついに手を出してしまった消費者金融。

銀行カードローンにはなかった総量規制の対象となり、年収の1/3の借り入れとなった。

 奨学金:200万円

あまり借金という感覚ではないが、これも金額に含めている。

総額360万円を借りていたみたいだが、160万円ほど既に返済している。

大学は奨学金を借りてまでして行く価値はあるのか?という論争がよくあるが、僕は大学に行ったことは後悔していない。

というわけで、現在、合計1,130万円の借金がある。

昨今、問題になっている総量規制対象外である銀行カードローンの貸し過ぎにより、このような負債を抱えることができたのです。

借金1000万円の使い道

f:id:roshgoom:20180707163017j:plain

それでは、ここからが1130万円の借金を何に使ってきたかについて。

厳密に借金部分だけを切り出すのは難しく、借金以外にも会社からの給料があり、新卒で入社してからの7年間で手取り2000万円ほどはもらっている。

そのため、借金と収入を合わせた3000万円ちょっとの金額を使い切ったことになるので、思い当たるものを書いてみる。

飲み代:1000万円

f:id:roshgoom:20180707215833j:plain

使って良かった度:★★★☆☆

使った金額は飲み代が断トツでトップである。

友人との飲み会、会社の飲み会、合コン、一人飲みなど毎日飲んでいた。

軽く1杯行きましょうか?が、大体10杯くらいになる。飲みの誘いであれば何でも参加していた。

酒の場で学んだことはとても多く、かなりお金は使ってしまったがそれほど後悔はしていない。

 

ただ、酒を飲んで良くなかったこともある。

まず、飲んで酔っ払って物をよくなくした。

iPodを2回、携帯を3回、鞄も確か3回なくしている。

給料日に20万円引き出して、2万円分くらい飲んで、酔っ払って路上で寝ていたら財布から現金を全て抜かれたこともある。あれは泣いた。。

また、飲むと電車に乗るのが面倒くさくなる。

そもそも終電がない時間になることが多く、タクシーで数千円かけて家まで帰ることも多かった。

帰らずにカプセルホテルに宿泊することもあった。安心お宿には良くお世話になった。

酔って判断力がない状態で中国人マッサージなどに連れて行かれたことも度々あった。

交通費:100万円

f:id:roshgoom:20180707215854j:plain

使って良かった度:★★★☆☆

会社に通勤するために支給される交通費とは別の交通費。

2年間ほど横浜〜新橋の間を東海道線で通勤していた。

朝8時頃の電車だったが、大変な混雑な満員電車なので数回乗って心が折れた。

そのため、朝はグリーン車に乗って通っていた。僕が利用していた頃は750円だった。

3回に1回くらいはグリーン車に乗っても座ることができずデッキに立っていたが、満員の車両に乗るよりはだいぶマシだ。

また、駅から自宅まで徒歩20分ほどあり、自宅から通っていた3年間ほどは週に3〜4回はタクシーを使っていた。

最後の方は朝もぎりぎりに起床するようになり、家までタクシーを呼んで駅まですっ飛んで行っていた。

疲れていたのだから仕方ない。我慢していたら潰れるだけなので必要な費用だった。

引っ越し・家賃:500万円

f:id:roshgoom:20180707215909j:plain

使って良かった度:★★★★★

僕は社会人になって3年くらいは実家から会社に通っていた。

全国転勤がある会社だったので、1人暮らししてすぐに転勤といった事になりたくなかったからだ。

ただ、25歳になった頃、いつまでも実家にいるのはどうなのか?と考え始め、考えた結果「実家暮らしはくそだ!」という判断に至り引っ越した。

それからは、毎年引っ越しをテーマに生活をした。

ちょうどGWになると春になった新しい気分になり休暇もまとまってあるため、毎年GWに引っ越しをした。

思わぬ事態もあり25歳からの5年間で7回も引っ越しをしてしまったが、全く後悔はしていない。

むしろ、あのまま実家暮らしをしていたら今の自分はどうなっていたかと思うと、ゾッとするくらいだ。

シェアハウス、同棲、ルームシェアもしたがとても楽しかった。

実家から離れることを迷っている人がいたら、すぐに家を出ることをおすすめしたい。

旅行:80万円

f:id:roshgoom:20180708004835j:plain

使って良かった度:★★★★★

旅行好きな人に比べれば大した旅はしていないが、これまでに4回海外旅行をした。

①イギリス・フランス

②韓国

③タイ・カンボジア・ベトナム・シンガポール・インドネシア

④香港・マカオ

①と②は友人と行き、③と④は一人で行った。

ここでは詳しく書かないが、刺激的で本当に楽しかった。

リラックス:20万円

f:id:roshgoom:20180707221027j:plain

使って良かった度:★★☆☆☆

これはけっこう無駄であった。

鬱だったのか体が痛くなることが多く、一時期は頻繁にマッサージに通っていた。

酔っ払った状態でマッサージに行き、マッサージされながら寝ているだけということも度々あった。

夜遊び:150万円

f:id:roshgoom:20180708002514j:plain

使って良かった度:★★★☆☆

鬱っぽくなって女性と遊ぶことが多い時期があった。

仕事→飲む→ラブホに泊まる→出勤といったことが多かった。

「筋肉少女帯自伝」で89年〜90年頃を振り返ってオーケンがこう書いていた。

人生でもっとも色と酒に溺れた時期ですね。毎日、お酒を飲んで、いかに女の子を口説くかだけを考えていましたね(笑)。若くて鬱の人は、これをやると治りますよ(笑)

オーケンの言うとおり、僕にしては頑張ってみた。

楽しかったし鬱を一時的に忘れることができたけれど、もっとうまくやることができたはずだ。

趣味:850万円

f:id:roshgoom:20180707221211j:plain

使って良かった度:★★★★☆

20代で好きなことが見つけられれば人生楽しくなる。

生涯かけて追求していけるような大好きな何かを見つけられると良いが、好きなものを見つけるためには行動が必要だ。

飽きる事を恐れず、いろいろなものにチャレンジするのが良いと思う。

ちょっと試して、飽きて、また何かにハマって、止めるみたいな繰り返しになるだろう。

僕はそういった繰り返しの中で、大好きなものを見つけることができた。

◼︎ワイン

500万円ほど使った。

趣味というか仕事でもあったので、とにかく飲んだ。

ワイン代は今回、飲み会とは切り離して計算した。

ワインバーに通い、ワイン会に参加し、ワインスクールに通い、ワインセラーも買って家でも相当飲んだ。

毎週、日曜日はシャンパーニュを飲むことにしていたり、飲みたいワインリストを作って少し高めのワインも飲んだ。

20代のうちに感性を高めるために投資しようという意気込みでお金をじゃんじゃん使っていた。

◼︎音楽

200万円ほど使った。

ライブより音源派なのでそこまでお金はかからなかったが、20代前半までCDを収集していて1000枚以上は持っていた。

CDについては25歳頃に興味がなくなり一気に処分した。

ギターもやっていたので、エフェクター、DAW、スタジオ代にもそれなりにお金はかかった。

音楽は今でも大好きだし心の糧になっているので、お金と時間をかなりかけたことに全く後悔はしていない。

◼︎映画

20万円ほど使った。

20代半ば頃まで映画館に通っていた。ピークのときは年間300本ほど映画館で観ていた。

悩み多き時期だったので、映画の中に答えがあるような気がしていて貪るように観ていた。

新しい映画はあまり観ず、いわゆる名画座に行くことが多かった。

渋谷にあるシネマヴェーラに良く行っていた。
あとは、池袋の新文芸坐、高田馬場の早稲田松竹。

一番行っていたシネマヴェーラは学生だと2本立てで800円!

100本観ても40,000円と素晴らしいお金の使い方であったと思う。

◼︎本

100万円ほど使った。

ジャンル問わず気の向くままに読んできたが、買っただけで読まない本がかなり多くない反省もしている。

ただ、たくさん読む中で好きな本も見つけらたので正しいお金の使い道であったと思う。

◼︎バイク

20万円ほど使った。

ホンダのVツインマグナに乗っていた。手に入れた当初はかなり乗っていて遠方にも行ったりしたが、2年くらいで飽きて売却。

◼︎カメラ

10万円ほど使った。

カメラをやっている友人の影響を受けてミラーレスの一眼レフカメラを買った。

上達するには撮り続けることが必要だが、そこまで時間をかけられぬまま熱意は下がってしまった。

借金をした理由

ロマンチックな人生にしたかった

20代は本当に悩みまくっていた。

もともと映画や音楽が好きだったのだけれど、映画や音楽が描く人生の機微に自分の人生が追いついていないことが悔しくて情けなくて、感情をうまく処理できなかった。

もっとロマンチックで素晴らしい人生にしたいと焦っていた。

転職を2回した。

引越しを7回した。

シェアハウスに住んだ。同棲をした。一人暮らしをした。ルームシェアをした。

アメリカンバイクで走りまくった。

名画座で映画を500本くらい観た。

読みたい本はすぐに購入して読んだ。

毎日、酒を飲んだ。バーに通った。ワインに何百万も使った。

友人や酒場で会う人と語り合った。

女遊びをした。

素敵な音楽に涙した。何度も何度も。

毎日、毎日、情景が胸に刻まれるような日々を送るべきだと思っていて、今の日々を変えなければと必死だった。

しかし、結局いつも何かが満たされないままで、酒を煽りお金と時間を消費していくことになった…。

自分自身の感覚を掴むため

ロマンチックな人生を送りたいという気持ちとともに、「自分自身の感覚を掴む」ということも重要なテーマだった。

自分の好きなこと、嫌いなこと、大切にしたい時間、欲望、心の闇を知り、自分がどんな人間なのか、その感覚を掴みたかった。

だから、いろんな場所に住んでみたり、知らない人と語りあったり、欲に溺れてみたり、絶望的な気持ちになったりすることに積極的だった。

「自分自身の感覚を掴む」ということに没入したおかげで、20代前半の頃と比べるとだいぶ自分のことはわかるようになったと思っている。

1,000万円の借金とこれから(返済?債務整理?)

さんざん悩んだ末、2019年7月に債務整理をした。

債務整理の中でも手続きが簡易な任意整理の手続きをしている。

借金1000万円で任意整理はチャレンジングな決断なので、これからどうなっていくか自分でもわからないが、明るく前向きな気持ちで借金と向き合うことができている。

 

一つだけ後悔があるとすれば、もっと早く債務整理すれば良かった。

これ以上借入ができなくなった状態で、債務整理を検討しておくべきだった。

債務整理を検討している方は、以下の記事を参考に事務所を選んでみてください!

任意整理するならどこがいい?選び方のポイントとおすすめ事務所3選こんにちは。任意整理わずのろっくす(@rocknoir_)です。 https://twitter.com/rocknoir_/st...
任意整理するならここがおすすめ!
名村法律事務所
名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
弁護士は2名と大きな事務所ではないですが、スタッフの方の対応もスムーズで安心してお願いできる事務所です。
弁護士費用も最安値クラスです。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ

東京ミネルヴァ法律事務所
【任意整理の社数が少ない方におすすめ!】
弁護士費用は相場よりやや高めですが、大手ならではの安定感があります。
無料相談の際にも電話をかけてもらう時間を事前に指定して依頼できたりオペレーションがしっかりしています。
在籍している弁護士も多いのでスケジュール調整も行いやすいと思います。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ

東京ロータス法律事務所
岡田法律事務所
【じっくり面談したい方におすすめ!】
通常は2回目からの相談は30分¥5,000程度の費用が発生するところが多いですが、何度でも無料で行えます。
弁護士費用も業界最安値クラスです。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ