債務整理の基礎知識

個人再生とはどんな手続き?メリット・デメリットを解説!

個人再生とはどんな手続き?メリット・デメリットを解説!

「個人再生」という言葉、聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。

個人再生とは借金を減額できる手段の一つです。

しかし、具体的な内容は一般的にあまり知られていません。

 

そこで本記事では、個人再生の概要やメリット・デメリット、手続きの流れなどを紹介していきます。

ろっくす
ろっくす
個人再生を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事を読んでわかること

  • 個人再生とはどんな手続きなのか?
  • 個人再生のメリット・デメリット
  • 個人再生の手続きの流れ
  • 個人再生の費用

個人再生とはどんな手続き?

個人再生とはどんな手続き?

個人再生は債務整理の一つで、裁判所に再生計画の認可決定を受け、借金を大幅に減額してもらう手続きです。

財産を残したいが、全ての借金を返済することが困難で「このままでは破産してしまう」と考える方が利用しています。

 

自己破産は、裁判所から免責決定されると借金の支払い義務がなくなります。

それに対し個人再生は、減額された借金を約3年間かけて支払うことで、残りの借金については支払い義務がなくなる手続きです。

 

ろっくす
ろっくす
自己破産とは異なり、借金の返済が必要となります。

個人再生の成功率は?

個人再生の成功率は?

個人再生の成功率は90〜95%ほどであり、とても成功率の高い手続きです。

そのため、よっぽどの不備がない限りほとんどの方が認可されます。

 

個人再生の申請を取り下げる数も少なくありませんが、この中には債務者の経済状況が改善し、個人再生を申請する必要がなくなったケースも含まれています。

 

ろっくす
ろっくす
基本的には、弁護士や司法書士を通して申し立てをしたら、認可が下りると考えて良いでしょう。

個人再生のメリット

個人再生のメリット

個人再生を行うメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、個人再生をすると得られるメリットを解説していきます。

個人再生のメリット①:借金を大幅に減額できる

個人再生では、借金の総額に対して最低限返済しなくてはいけない額が決まっています。

この額を「最低弁済額」といい、条件が合えば借金の元本を5分の1〜10分の1にまで減額することが可能です。

 

ただし、100万円以下の借金の場合は減額できず、住宅ローンについても減額の対象とはなりません。

ろっくす
ろっくす
借金総額によって、最低弁済額も変わってきます。

個人再生のメリット②:持ち家を残すことができる

個人再生では原則的に財産を処分されないので、持ち家を手元に残すことができます。

住宅ローンが残っていたとしても、「住宅ローン特則」を使えばローンの返済を続けることで、そのまま住み続けることが可能です。

 

一方で、住宅ローン完済済みでも住宅の評価額が高額の場合には、最低限返済しなければいけない金額が増える可能性があります。

ろっくす
ろっくす
住居が残せるので、家族のいる方には助かります。

個人再生のメリット③:借金の理由は問われない

自己破産では、借金の理由が浪費やギャンブルである場合などは借金の支払い義務が免除されない可能性があります。

しかし、個人再生の場合は、借金の理由に関係なく手続きすることが可能です。

 

ろっくす
ろっくす
借金の理由を問われないのは、大きなメリットです。

個人再生のメリット④:自己破産に比べて生活への影響が少ない

個人再生は、資格・職業に制限がないのもメリットの一つです。

 

自己破産の場合、手続き中は金融機関や弁護士など法律を扱う職業に就くことができません。

しかし個人再生の場合は、職業の制限がないので好きな職業に就くことが可能です。

 

財産の差し押さえもないので、生活への影響が少なくなります。

ろっくす
ろっくす
職業や生活への影響が少ないのはありがたいですね。

個人再生のデメリット

個人再生のデメリット

ここまで、個人再生のメリットを紹介してきました。

しかし、個人再生にはデメリットがあることも事実です。

ろっくす
ろっくす
デメリットも理解した上で、手続きを検討しましょう。

個人再生のデメリット①:手続きが難しい

個人再生は、債務整理の中で最も手続きが複雑で、手間もかかるとされています。

裁判所に提出する書類も多く、手続きには約半年〜1年かかります。

 

かなりの時間を要するので、根気が必要な手続きと言えます。

ろっくす
ろっくす
個人再生をする際には、時間がかかることを覚悟した上で手続きしましょう。

個人再生のデメリット②:手続きに費用がかかる

個人再生では、裁判所に提出する「再生計画案」を作成しなければいけません。

再生計画案は債権者の理解を得る必要があるだけでなく、法的な要件を満たすことが前提となります。

 

そのため個人再生は、弁護士や司法書士にかかる費用を含め約70万円以上とかなりの費用がかかる手続きです。

ろっくす
ろっくす
書類の数や弁護士の工数が必要なので、どうしても費用が高くなってしまいます。

個人再生のデメリット③:ブラックリストに掲載される

個人再生をすると、自己破産と同じく信用情報機関に事故情報が登録されます。

いわゆる、信用情報に傷がついた(ブラックリストに載った)状態です。

 

事故情報が消去されるまでの5〜10年間は、クレジットカードの作成・ローンやキャッシングでの借り入れができにくくなります。

ろっくす
ろっくす
キャッシュレスが進んでいる現代では、デメリットとなります。

個人再生のデメリット④:官報に掲載される

個人再生をした方の名前や住所は、「官報」に掲載されます。

官報とは国が発行する機関紙で、主に税務署や信用情報機関、金融業者の方が読むものです。

 

一般の方が官報を見る機会はほとんどなく、官報に掲載されることが理由で周りの人に個人再生したことを知られる可能性は低いでしょう。

官報には、「開始決定後・書面決議の決定後・認可決定後」の3回掲載されます。

 

ろっくす
ろっくす
官報に掲載はされますが、周囲に知られる心配は低いと言えるでしょう。

個人再生のデメリット⑤:保証人への影響が出る

個人再生では、特定の借入先の借金だけを選んで手続きすることができません。

そのため保証人のついている借金があれば、減額分が保証人に一括請求されます。

 

個人再生の手続き後は、保証人が支払いの義務を背負うことになります。

ろっくす
ろっくす
保証人に多大な迷惑がかかるので、事前に保証人に経緯や状況を伝え、説明しておきましょう。

個人再生を利用できる条件

個人再生を利用できる条件

個人再生の手続きを行うには、一定の条件が必要です。

ここでは、個人再生を利用できる人の条件を解説していきます。

ろっくす
ろっくす
自分は条件に当てはまっているか考えながら、読んでみてください。

将来的に安定した収入がある

個人再生ができる条件として、「将来的に継続または反復した収入があり再生計画に則った弁済ができる」という項目があります。

ろっくす
ろっくす
現在無職の方は、個人再生ができません!

 

個人の状況別に考えると、以下のようになります。

●会社員…毎月安定した収入があるので問題ありません。

 

●個人事業主…毎月安定した収入がない場合も考えられますが、3ヶ月に1回の割合で再生計画に則った弁済ができる程度の収入があれば、個人再生することが可能です。

 

●アルバイト…雇用期間が継続している実績がある場合は個人再生することができます。しかし、短期間のアルバイトを転々としていたり、期間限定のアルバイトの場合は個人再生が認められない可能性があります。

 

ろっくす
ろっくす
一定の収入がない方は、自己破産をすることになるでしょう。

借金の総額が5,000万円以下

借金の総額が5,000万円以上の場合や法人の債務の場合は、民事再生手続きの対象となるため、個人再生ができません。

 

持ち家があり住宅ローンが残っていた場合に、家を手放すか否かによって借金総額の計算が変わってくるので、注意が必要です。

ろっくす
ろっくす
住宅ローンの有無によって、借金の総額が大きく変わります。

個人再生の手続きの流れ

個人再生の手続きの流れ

個人再生をした方の約98%は、弁護士や司法書士のサポートを受け手続きしています。

ここでは、個人再生を行う際の流れを解説していきます。

ろっくす
ろっくす
どのようなステップで個人再生が進むのか確認しましょう。

弁護士や司法書士に相談・依頼をする

個人再生を希望する方は、まず弁護士や司法書士に相談しましょう。

借金の総額や財産・収入の有無を伝え、個人再生が最適な解決方法かどうかも含めてアドバイスをもらうことが可能です。

 

相談の結果、正式に依頼する場合は弁護士や司法書士と「個人再生委任契約」を結びます。

ろっくす
ろっくす
弁護士・司法書士への相談は複数の事務所に相談し、比べてから依頼する事務所を決めましょう。

受任通知の送付と取引履歴の開示請求

正式な依頼契約を結ぶと、弁護士や司法書士は貸金業者に対して受任通知を送付し、同時に取引履歴の開示を求めます。

受任通知には法的な効力があるので、債権者の手元に届いた時点で取り立てや督促はストップされます。

 

なお、債務者の銀行口座が凍結されるため、この時点で預金を引き出すことができなくなります。

過払い金請求

金融業者から取引履歴が開示されると、引き直し計算が行われます。

引き直し計算とは、債務者の借り入れを「利息制限法の上限金利」に基づいて計算し、借金の総額を確定させるものです。

 

引き直し計算をした結果、払い過ぎていた利息があった場合は、同時に過払い金の返還請求を行います。

ろっくす
ろっくす
過払い金があった場合は、払い過ぎていた利息が返ってきます。

裁判所への申し立て・再生計画案を提出

引き直し計算が終わると、以下のような流れで裁判所へ書類が提出されます。

  1. 弁護士・司法書士が依頼者の「収支・家計、財産・資産」についての調査を行う。
  2. 地方裁判所に必要書類を提出し、個人再生の申し立てを行う。
  3. 裁判所によっては、申立人が作成する再生計画案についてアドバイスを行う「個人再生委員」を選定される。
  4. 個人再生委員が選定された場合、申立人・代理人弁護士は個人再生委員と面談する。
  5. 個人再生委員は面談などの結果を参考に、個人再生手続きを開始すべきかどうかの意見書を裁判所に提出する。
  6. 意見書に問題がなければ、裁判所が個人再生手続きを開始する決定を下す。
  7. 手続きが始まると、金融業者に再生手続きの開始決定書と債権届出書(借金額を調査・確定するためのもの)が送付される。
  8. 金融業者から裁判所に債権届出書が提出される。
  9. 債権届出書が提出されると、申立人は債権届出書の金額を認めるかどうかを示す「債権認否一覧表」を裁判所に提出する。
  10. 申立人は、再生計画案を裁判所に提出する。

 

ろっくす
ろっくす
かなり複雑ですが、弁護士に依頼した場合はほとんどの手続きを代行してくれます。

 

再生計画案には、主に以下の内容が記載されます。

  • 返済の開始時期
  • 返済総額
  • 返済方法
  • 返済期間
  • 住宅資金特別条項を利用するか

 

再生計画案は、申し立てから3〜4ヶ月後が提出期限となっており、提出期限までに提出しない場合は理由を問わず再生手続きが廃止されるので、注意が必要です。

ろっくす
ろっくす
迅速に手続きを行うことが必要です。

裁判所による認可・不認可の決定

申立てから約5ヶ月後、再生計画案通りに借金の一部が返済される見込みがあるかを裁判所が判断し、再生計画認可(不認可)が決定します。

 

認可(不認可)の約2週間後には官報に記載され、さらに2週間後に認可(不認可)決定が確定します。

借金の返済を開始

認可された再生計画のもと、申立人から債権者への返済がスタートします。

返済ペースは、以下のいずれかです。

  • 毎月
  • 2ヶ月に1度
  • 3ヶ月に1度

 

毎月払いの場合は、再生計画認可決定が確定した翌月から返済が始まります。

支払い期間は原則3年(最長5年)です。

ろっくす
ろっくす
支払いの開始までに、準備期間を含めると最長1年の期間がかかります。

個人再生の費用目安

個人再生の費用目安

個人再生には、裁判所費用約20万円、弁護士費用約50万円の約70万円の費用がかかります。

ここでは、個人再生の費用をもう少し細かく分けて説明していきます。

【裁判所費用】

・申立て手数料:10,000円

 

・予納郵券:2,000円程度

債権者への書類送付に使う郵便費用。

切手での納付で、種類や枚数は裁判所によって異なります。

債権者数が多いほど、郵便費用も高額です。

 

・官報広告費:13,000円程度

政府が発行する機関紙の「官報」に、個人再生の情報を掲載するための費用。

裁判所によって金額が異なります。

 

・個人再生委員の報酬:15〜25万円

個人再生委員が選任された場合、その報酬を裁判所に収めなければなりません。

代理人の弁護士がつきながら個人再生委員が選任された場合は、個人再生委員の報酬を減額できます。

※原則、現金での一括納付です。

ろっくす
ろっくす
裁判所に支払う費用は、個人再生委員への報酬が主な費用となります。

 

【弁護士・司法書士費用】

  • 弁護士:30〜50万円
  • 司法書士:20〜30万円

一般的に、弁護士よりも司法書士の方が安い費用で請け負ってくれるケースが多く、10〜20万円の差があります。

 

司法書士に依頼できるのは「1社あたりの借金額が140万円以下の案件」となっており、かつ申立書類や再生計画案の作成及びアドバイスがメインのため、債権者との交渉や裁判所に同行してもらうことはできません。

 

弁護士の費用は高いものの、書類作成や債権者との交渉だけでなく裁判所に同席して裁判官とやりとりをしてもらうことが可能です。

手厚いサポートを受けられるので、スムーズに手続きを進めることができます。

 

また弁護士・司法書士ともに、持ち家を残す場合は「住宅ローン特則」という制度を利用するので、必要な手続きが増え、費用が5〜10万円上乗せされます。

ろっくす
ろっくす
個人再生の知識が少ない方には、弁護士への依頼をおすすめします。

債務整理は複数の事務所に相談してから依頼先を決めましょう

債務整理は複数の事務所に相談してから依頼先を決めましょう

借金の相談は複数の事務所にしてみることをおすすめします。

借金という悩みを相談して解決していくわけですから、費用や実績といった外面的なところだけでなく、対応してくれるスタッフ・弁護士との相性が重要です。

相談しやすくて、手続きのことなどを理解し納得するまで話ができる人に依頼をしましょう。

 

僕は870万円という高額な借金の任意整理だったので、絶対に失敗はしたくありませんでした。

20ほどの候補の中から事務所を選び、最終的に自分にあった良い弁護士事務所に出会えたと思っています。

任意整理の依頼をしてから1年以上が経過しましたが、満足のいく任意整理ができました。

じっくり検討して債務整理を成功させましょう!!

債務整理の経験者が選ぶ!おすすめの弁護士・司法書士事務所(全国対応)

1位:アヴァンス法務事務所

平日は21時まで、土日・祝日も19時半まで相談可能。

WEBで債務整理の交渉・返済の進捗が確認できて利用しやすい大手の事務所です。

>>アヴァンス法務事務所の詳細記事

2位:ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

弁護士・スタッフの方の経験が豊富で、電話でも面談でも対応が抜群に良かったです。

僕も任意整理の依頼をした弁護士事務所です。

>>ひばり法律事務所の詳細記事

取材記事【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問!

3位:アース司法書士事務所

任意整理の依頼費用が業界最安値クラス。

依頼費用を抑えたい方におすすめです。

>>アース司法書士事務所の詳細記事

おすすめ事務所まとめ>>債務整理はどこがいい?実体験と口コミで選んだおすすめの事務所ランキング!

ABOUT ME
ろっくす
ろっくす
奨学金・リボ払い・カードローンの借金地獄と闘うアラサー借金男子。 2019年に任意整理をして、本気の借金返済を開始しました。 任意整理の体験談や借金生活について書いています。 ファイナンシャル・プランナー(FP)3級。全くプラニングできていませんけどねw 任意整理に関する疑問などありましたらTwitterのDMから連絡ください。経験者としてお役に立てることもあるかと思いますので!
債務整理におすすめの弁護士・司法書士ランキング
\ 事務所の選び方まで徹底解説 /
債務整理おすすめランキング

迷ったらここ!債務整理に強い弁護士・司法書士事務所3選

1位 アヴァンス法務事務所

【大手ならではの安定感!】

豊富な実績はもちろんですが、大手ならではのサポートが充実しており安心して依頼できる司法書士事務所。

WEBで債務整理の手続きや返済状況を確認できるアヴァンス・ネクストが便利!
女性専用窓口アヴァンス・レディースもあります。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>

2位 ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
僕は全ての借金を希望通りに和解でき、任意整理の手続き後の対応もとても良かったです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>↓↓訪問して取材させていただきました!

【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問!
【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問借金1,000万円返済中のろっくすです。 2019年に任意整理の依頼をしたひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)へ1年ぶりに訪問し...
アース司法書士事務所
【とにかく費用を抑えたい方におすすめ!】
任意整理の依頼費用が調査した事務所の中で最安の1社36,000円(税込39,600円)。
事務所は大阪にありますが、オンライン面談も積極的に対応しているため全国からの相談が可能です。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>