債務整理の基礎知識

【経験者が解説!】任意整理の和解までの流れと期間

任意整理の和解までの流れと期間

「任意整理を検討しているけれど、和解までの流れや期間が不安…」と悩んでいませんか。

任意整理は日常生活と関わりの薄い手続きのため、どのような流れで進められるのか知らない方が多いのではないでしょうか。

そこで本記事では任意整理の和解までの流れと期間を解説します。

借金に悩んで任意整理を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ろっくす
ろっくす
現在任意整理中の僕が、実体験をもとに解説します!

 

この記事を読んでわかること

  • 任意整理で和解までにかかる期間
  • 任意整理するのに必要な書類
  • 任意整理にかかる費用
  • 任意整理の和解までの流れ
  • 任意整理後の注意点

任意整理で和解までにかかる期間

任意整理で和解までにかかる期間

任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、3〜6ヶ月程度で和解まで進むことが多いです。

裁判所を介す「個人再生」や「自己破産」に比べると、簡素な手続きとなります。

和解後は、3〜5年をかけて返済していきます。

 

ろっくす
ろっくす
和解までは少し時間がかかりますが、依頼さえすれば督促がストップされますよ!

任意整理するのに必要な書類

任意整理するのに必要な書類

任意整理を依頼するのに必要となる書類は、以下のとおりです。

  • 本人確認書類(免許証・健康保険証・パスポートなど)
  • 印鑑
  • 借入先のクレジットカードやキャッシュカード

 

そのほか、状況によって以下の書類が必要となります。

  • 債権者一覧表
  • 預金通帳
  • 住民票
  • 給与明細・源泉徴収票
  • 不動産の登記簿謄本
  • 生命保険証券
  • 車検証
  • 借入先からの通知書類

 

これらの書類が必要な場合は、弁護士・司法書士から指示がありますので、それにしたがってください。

 

債権者一覧表:借り入れをしている業者と金額を一覧にしたもの

(弁護士や司法書士が作成してくれる場合が多いです。)

 

ろっくす
ろっくす
どの書類も、入手するのは難しくありません。

任意整理にかかる費用

任意整理にかかる費用

任意整理は貸金業者ごとに交渉を進めます。

そのため、何社から借り入れをしているのかによって弁護士・司法書士への依頼費用も変わります。

平均すると、1社あたり4〜6万円程度の費用がかかるでしょう。

 

以下の記事では、任意整理の費用相場を詳しく解説しています。

任意整理の費用相場はいくら?
任意整理の費用の相場はいくら?借金問題に強い事務所の料金を比較!任意整理の依頼を弁護士事務所や司法書士事務所にする際に発生する費用は、着手金・報酬金・事務手数料です。本記事では実際に任意整理をした僕が、任意整理の費用の相場と任意整理に強い事務所の費用を比較して紹介しています。任意整理の相談する事務所選びの参考にしてみてください。...

任意整理の和解までの流れ7STEP

任意整理の和解までの流れ7STEP

ここでは、任意整理の和解までの流れをステップごとに解説します。

依頼さえしてしまえばあとは基本的に待つだけ。

流れを理解しておけばどの段階まで進んでいるのかはっきりわかります。

<STEP1>弁護士か司法書士に相談・依頼

まずは、弁護士か司法書士へ相談しましょう。

自分では任意整理をしようと思っていても、プロの視点で見ると他の手段が適切なケースもあります。

相談する際には、自分の状況を隠さずできるだけ正確に話すのがポイントです。

 

  • 借金の残高
  • 借入社数
  • 月の返済額
  • 月の収入額
  • 返済期間

 

相談する事務所を選ぶ際には、「債務整理に力を入れているか?」という視点で検討してみてください。

事務所によって、得意分野は異なります。

債務整理に特化している事務所を選ぶことをおすすめします。

 

ろっくす
ろっくす
初回相談を無料で実施している事務所もありますよ!

<STEP2>貸金業者へ受任通知を送付

依頼する事務所が決まり委任契約を締結すると、事務所から貸金業者へ「受任通知」が送付されます。

受任通知が貸金業者へ届いた時点で、督促ができなくなります。

通常、契約してから数日以内に受任通知が送付されるので、弁護士・司法書士への依頼後はすぐに督促が止まると思って良いでしょう。

 

【受任通知とは?】

債務者の代わりに、弁護士・司法書士が任意整理を進めることを示したもの。

法的な効力があり、債権者は一切の督促を禁じられます。

<STEP3>取引履歴の開示請求

受任通知の送付と同時に、取引履歴の開示請求も行います。

取引履歴とは債務者がこれまで借り入れをしたり、返済をしたりしたすべての記録のこと。

取引履歴の開示請求には、2週間〜2ヶ月ほどの期間がかかります。

 

ろっくす
ろっくす
取引履歴を開示してもらうことで、正確な債務額や支払い状況を把握できます。

<STEP4>引き直し計算

開示された取引履歴をもとに利息の引き直し計算を行います。

引き直し計算は、1〜2週間程度の期間がかかります。

 

【引き直し計算とは?】

「利息制限法」に基づいた金利で、利息を再計算すること。

<STEP5>過払い金があれば請求

引き直し計算の結果、払いすぎていた利息があれば債権者へ請求します。

これを「過払い金請求」と言います。

過払い金請求をすることにより、戻ってきたお金を借金の返済に充てることができます。

 

ろっくす
ろっくす
過払い金請求の交渉がうまくいかない場合は、訴訟により取り戻すこともありますよ。

 

この記事では過払い金請求のメリットやリスクを解説しています。

過払い金請求にリスクはある?過払い金の発生条件を解説!
過払い金請求にリスクはある?過払い金の発生条件を解説!CMや広告でよく見かける過払い金請求。 気になっている方も多いのではないでしょうか。 この記事では、過払い金請求の概...

<STEP6>和解案を作成して交渉

引き直し計算や過払い金請求をした後に、弁護士・司法書士が和解案を作成します。

交渉内容は、将来利息をカットすることや返済期間を3〜5年に延ばすことなど。

交渉の結果、返済額が減ったり返済期間が延びたりと債務者の生活が楽になります。

 

ろっくす
ろっくす
和解交渉の目安期間は、3ヶ月程度です。

 

債務者本人が交渉に参加することはなく、事務所と貸金業者の間で行われます。

中には業者が交渉に応じず、長引くケースもあります。

<STEP7>和解成立・返済開始

和解が成立すれば任意整理の手続きは完了です。

契約を締結した後に、その内容に沿って返済をスタートすることになります。

 

ろっくす
ろっくす
任意整理の返済期間は、おおよそ3〜5年になることが多いです。

任意整理後の注意点

任意整理後の注意点

ここでは、任意整理後の注意点を解説します。

任意整理で失敗しないよう、以下の点に気をつけましょう。

滞納をしない

和解が成立しても返済自体が終わるわけではありません。

和解した内容での返済を続け、滞納しないことが大切です。

もし滞納してしまうと、「約束を破った」とみなされ、借金残高を一括請求される可能性があります。

 

ろっくす
ろっくす
返済を1〜2ヶ月滞納すると、一括請求される恐れがあるので注意しましょう。

 

滞納後にもう一度和解をしようとしても、今度は交渉に応じてくれなかったり、悪い条件での和解になったりする可能性が高いです。

もし滞納しそうなときは、いち早く担当の弁護士・司法書士に相談してください。

新たに借金をしない

任意整理を行うとブラックリストに載るため、基本的には借り入れができなくなります。

しかし、闇金融や個人間融資などで借金できてしまうことも…。

当然のことですが、新たな借金をしてはいけません。

 

ろっくす
ろっくす
新たな借金をつくると、またしても苦しい返済生活に戻ってしまいます…。

クレジットカードやローンを利用できなくなる

任意整理を行うと、クレジットカードやローンも利用できなくなります。

クレジットカードを使っていた方は、日常生活に変化があることを理解しておきましょう。

 

ろっくす
ろっくす
ブラックリストに載る期間は、返済完了から5年間です。

【まとめ】弁護士・司法書士に依頼すればスムーズに任意整理できる!

【まとめ】弁護士・司法書士に依頼すればスムーズに任意整理できる!

本記事では、任意整理の流れや期間について解説しました。

任意整理は、弁護士や司法書士に依頼さえすればあとは基本的に待つだけです。

自力で任意整理することも不可能ではありませんが、交渉が難航しますし、手続きが複雑で難しいでしょう。

任意整理する事務所を決める際には、「借金問題に強いか?」という視点で考えてみてください。

 

ろっくす
ろっくす
債務整理に強い事務所なら、有利な条件で任意整理の交渉を進められますよ。

債務整理の経験者が選ぶ!おすすめの弁護士・司法書士事務所(全国対応)

1位:アヴァンス法務事務所

平日は21時まで、土日・祝日も19時半まで相談可能。

WEBで債務整理の交渉・返済の進捗が確認できて利用しやすい大手の司法書士事務所です。

>>アヴァンス法務事務所の詳細記事

2位:ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

弁護士・スタッフの方の経験が豊富で、電話でも面談でも対応が抜群に良かったです。

債権者との交渉力も高く借金の負担が大きく軽減されました。

僕も任意整理の依頼をした弁護士事務所です。

>>ひばり法律事務所の詳細記事

取材記事【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問!

3位:アース司法書士事務所

任意整理の依頼費用が業界最安値クラス。

依頼費用を抑えたい方におすすめです。

>>アース司法書士事務所の詳細記事

おすすめ事務所まとめ>>債務整理はどこがいい?実体験と口コミで選んだおすすめの事務所ランキング!

ABOUT ME
ろっくす
奨学金・リボ払い・カードローンの借金地獄と闘うアラサー借金男子。 2019年に任意整理をして、本気の借金返済を開始しました。 任意整理の体験談や借金生活について書いています。 ファイナンシャル・プランナー(FP)3級。全くプラニングできていませんけどねw 任意整理に関する疑問などありましたらSNSのDMから連絡ください。経験者としてお役に立てることもあるかと思いますので!
債務整理におすすめの弁護士・司法書士ランキング
\ 事務所の選び方まで徹底解説 /
債務整理おすすめランキング

迷ったらここ!債務整理に強い弁護士・司法書士事務所3選

1位 ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
僕は全ての借金を希望通りに和解でき、任意整理の手続き後の対応もとても良かったです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>↓↓訪問して取材させていただきました!

【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問!
【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の依頼者が質問借金1,000万円返済中のろっくすです。 2019年に任意整理の依頼をしたひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)へ1年ぶりに訪問し...

2位 アヴァンス法務事務所

【大手ならではの安定感!】

豊富な実績はもちろんですが、大手ならではのサポートが充実しており安心して依頼できる司法書士事務所。

WEBで債務整理の手続きや返済状況を確認できるアヴァンス・ネクストが便利!
女性専用窓口アヴァンス・レディースもあります。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>

3位 弁護士法人ライズ綜合法律事務所
【まずは借金がいくら減らせるか確認できる!】
無料・匿名で利用できる借金の減額診断で、今ある借金がいくら減らせるか確認できます。
具体的な借金の相談をする前に利用してみるのもおすすめです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細借金減額診断はこちら>>