借金完済に向けて

自己破産をしないで借金の負担を減らすには? 奨学金・リボ払い・カードローン!トリプル債務者の体験談。

借金ブログ運営の借金坊主ろっくす(@rocknoir_)です。

奨学金・リボ払い・カードローンと3拍子揃った王道の多重債務者です。

ぼくは大学時代に使ってしまったクレジットカードのリボ払いに始まり、銀行カードローン・消費者金融さらには奨学金も含めて、20代の間に1,000万円以上の借金を抱えてしまいました。

1000万円の借金の内訳・使い道・理由については以下の記事に書いています。

20代で1,000万円の借金をした理由僕は20代で1,000万円の借金を抱えました。友人に借金があることを打ち明けると何にお金を使ったのか聞かれることが多いです。 本記事では借金の内訳を紹介しながら、借金をしてしまった理由、何にお金を使ったか、良いお金の使い道だったのか振り返った内容について書いています。...

毎月、様々な金策により何とか返済してきたけれど、資金繰りはショート寸前〜♪

今すぐ泣きたくなるような日々を送りながら、言葉だけは知っていた「自己破産」が頭をよぎりました。

その後、悩んでいろいろと調べた結果、借金を減額できる可能性のある手段として債務整理を検討しました。

債務整理とは?

まず、本題に入る前に債務整理とは何なのか簡単に説明します。

借金を減らす方法として国が認めた手続きである債務整理には、自己破産・個人再生・特定調停・任意整理がありますが、以下の3つが実際に使用されることの多い手続きです。

①自己破産:裁判所に破産申立をし全ての負債を免除

②個人再生:裁判所に申立をし負債額を100万円又は借金の5分の1に減額

③任意整理:債権者と任意で交渉し月々の弁済額や利息を減免

①自己破産と②個人再生は借金の元本自体を減らすことができますが、裁判所を通すことになり、国が発行している官報に名前と住所が載ります
③は裁判所を通さない手続きで、銀行や消費者金融といった債権者と個別に手続きを行うことになります。

今後払う利息がなくなり、元本のみの返済にできるケースが多く、月々の返済の負担が大きく軽減され、借金総額の減りも早くなります

後述しますが、裁判所や債権者との交渉は弁護士・司法書士の方にお願いすることができます。

債務整理の検討

任意整理をしたかったけれど…。

任意整理を行うと利息の支払いがなくなり、元本のみ返済していくことになります。

手続きも裁判所を通さずに済むので、心理的にもハードルが低い手続きに思えました。

債務整理の中でも最も選ばれている方法のようです。

ただ、債務整理の方法は自分の好きなものを無条件に選べるわけではなく、負債の状況や収入によっては選べない手続きもあります。

そのため、まずは借金減額診断をしてみました。

↓↓東京ミネルヴァの減額診断(無料・匿名)↓↓

ぼくの負債状況と収入をもとに借金減額診断と相談をしたところ、任意整理をした場合でも毎月15万円ほどの返済を5年続ける必要があることが分かりました

全然ラクにならないじゃないか…。

借入の総額が多きすぎて、月々の返済額は大幅に変わらないのです。

任意整理は手段から外し、個人再生自己破産を検討しました。

個人再生と自己破産は奨学金の保証人に迷惑がかかる

ぼくの場合はクレカのリボ払いやカードローン以外に、奨学金も借りていました。

負債の元本自体を減らすことのできる個人再生と自己破産ですが、この手続きをすると奨学金については保証人に支払い義務が生じます

多くの人は返済の必要がない給付型の奨学金ではなく、貸与型の奨学金を借りているかと思います。

貸与型の奨学金を借りる場合、保証人として、連帯保証人と保証人の2人が必要になります。

連帯保証人が両親で、保証人が従兄弟などの親族としていることが多いようです。

家族や親族に借金で苦しんでいることは言ってませんし、保証人である親族にまで迷惑をかけることなんてできないと思いました。

奨学金だけ除いて個人再生はできないかと思いましたが、残念ながらそれは制度的に不可のようです。

ぼくは個人再生と自己破産も断念しました。

借金の総額が小さいうちに債務整理を知っておきましょう

ぼくも借金が100万とか200万のうちに債務整理を検討しておけば、どの手段も取れないようなことにはならなかったはずです。

特に奨学金とその他の借金を両方抱えている人は注意が必要です。

ぼくが当初抱えていた負債は、奨学金+クレカリボ払いだけでしたが、どんどん負債が増えて取り返しのつかない状況になっていました。

もし今借金があって困っているのならば、早めに債務整理した場合のシミュレーションを行っておくことをおすすめします。

負債の状況や収入によっては選べない手続きもあるので、負債状況を伝えて相談し最適な方法を確認しましょう。

↓↓東京ミネルヴァの減額診断(無料・匿名)↓↓

関連記事:【匿名OK】借金減額診断サービスの使い方とその後の流れを解説!

【追記】任意整理をしました

任意整理をしても毎月の返済額があまり変わらないことについては前述しましたが、他の弁護士事務所にも相談し、ボーナス払いを含めて月々の返済額を減らすことができました。

任意整理の費用はボーナス払いできる?弁護士に相談したので事例を紹介します。任意整理の手続きは、個人再生や自己破産と違い基本的に借金の元本は減りません。 任意整理では借金の元本の支払いを60回払いにしてもら...

さんざん悩みましたが7社830万円の借金を任意整理しました。

名村法律事務所で任意整理の面談をしてきました真夏日、いや気温は35℃超えで猛暑日の東京。 ついにやったぜという爽快感。16年前に童貞を卒業したときのような気持ちです。 今日...
任意整理する理由
借金1,000万円あって任意整理を選んだ理由任意整理ブログとしての再スタート1記事目。 昨日、任意整理の手続きを弁護士さんに依頼してきたろっくす(@rocknoir_)です!...
任意整理におすすめの弁護士事務所ランキング
名村法律事務所
名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
弁護士は2名と大きな事務所ではないですが、スタッフの方の対応もスムーズで安心してお願いできる事務所です。
弁護士費用も最安値クラスです。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ

東京ミネルヴァ法律事務所
【任意整理の社数が少ない方におすすめ!】
弁護士費用は相場よりやや高めですが、大手ならではの安定感があります。
無料相談の際にも電話をかけてもらう時間を事前に指定して依頼できたりオペレーションがしっかりしています。
在籍している弁護士も多いのでスケジュール調整も行いやすいと思います。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ

東京ロータス法律事務所
岡田法律事務所
【じっくり面談したい方におすすめ!】
通常は2回目からの相談は30分¥5,000程度の費用が発生するところが多いですが、何度でも無料で行えます。
弁護士費用も業界最安値クラスです。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ