借金談

【元借金まみれが解説!】借金まみれの定義と脱出方法

借金まみれ

こんにちは。任意整理して借金1,000万円返済中のろっくす@rocknoir_)です。

今回は「借金まみれ」とはどんな状態か解説したいと思います。

借金まみれなんて解説している暇あったら、お前の借金なんとかしろって話かもしれませんが、実際に借金まみれになってみないと見えない景色があります。

 

ちなみに僕は借金1,000万円ありますが、自分を借金まみれだとは思っていません。

元借金まみれでした。

 

そもそも借金まみれという言葉自体が曖昧なので、僕が考えている借金まみれの定義と脱出方法を紹介します。

借金まみれの定義

借金まみれに明確な定義はありませんが、僕が考える借金まみれについて解説します。

まず、「まみれ」という言葉の意味は以下のとおり。

そのものがべったりついてよごれる意

血まみれとかホコリまみれといった感じで使いますね。ネガティブなニュアンスを含んだ言葉だと思います。

言葉の意味をあてはめると、借金まみれは「借金そのものがべったりついてよごれている」状態となります。

借金が体に染み付いて苦しんでいる状態といった感じに捉えることができるでしょう。

具体的には以下を全て満たしていることが借金まみれの条件と考えています。

借金の総額が年収以上

借金まみれというくらいなので、借金の負担は相当多い状態と言えるでしょう。

僕の考えでは年収以上の借金があれば借金まみれにふさわしい金額です。

収入を超えた借金があると、仕事よりも何よりも借金がアイデンティティとなります

 

また、年収と同じだけの借金があれば、毎月の返済は手取り収入の1/3ほどになると思います。

こうなると、返済はだいぶ厳しいですし借金が生活の一部になってしまっています。

借入先が5社以上ある

借入先が1つであればまだまだクリーンな状態です。

借入先が5社以上ある人は借金まみれと言えるでしょう。

借金に自身が包まれてしまっているイメージです。

 

借入先が5社以上もあると週に1回以上の頻度で返済がある計算になりますので、借金のことが頭から離れていきません。

借金が一向に減っていっていない

5社以上からの借入で年収以上の借金があったとしても、サクッと完済できる見込みがあれば借金まみれではありません。

返済の見込みがなく、いつまでも借金を抱えていそうな状態が借金まみれです。

僕の借金まみれの経験

僕の借金まみれだったときの状況を紹介します。

 

借金総額は年収の2.5倍を軽く超えていました。

最も借金が多かったときは1,130万円ありましたが、そのときの年収は400万円ほどです。

 

借入先は10社ありました。クレカ5社、カードローン4社、奨学金です。

毎月4日、10日、17日、23日、25日、27日、28日、31日に返済がありました。

ずーっと返済のことで頭が休まりません。

 

そして返済の目処は全くたっていませんでした。

返済して生まれた枠を使って他の借金を返すといった自転車操業をしていたので、借金は一向に減っていかず、いつまでも借金を抱えていそうな気がしていました。

かなり深刻な借金まみれでした。

借金まみれから脱出する方法

僕が考える借金まみれの定義は以下のとおりです。

・年収以上の借金がある

・5社以上から借金をしている

・借金が一向に減っていっていない

この3つを全て満たしていたので借金まみれの状態にいましたが、僕は「借金が一向に減っていかない」状態を解決させて、借金まみれから脱出しました。

 

その方法は任意整理です。

弁護士事務所に借金の相談をして、弁護士から貸金業者に交渉をしてもらい、利息をカットして無理のない返済プランに変えていく方法です。

任意整理をしたことによって、これまで一向に減っていかなかった借金が減り始めることとなり完成の目処もたちました。

毎月の貸金業者への返済も弁護士事務所がまとめて行ってくれるので、生活の中で借金を考える時間が減りました。

1,000万円以上の借金はまだありますが、借金まみれの状態からは脱出できたと考えています。

まとめ

借金まみれの状態を脱出すると、日々の生活が明るくなり前向きな感情が生まれます。

自分が抱えている借金を弁護士に相談をして、借金まみれから抜け出しましょう!

任意整理の体験談ブログ記事まとめ
任意整理のリアルな体験談。検討段階からのブログ記事まとめこんにちは。借金1,000万円で任意整理したろっくす(@rocknoir_)です。 任意整理の体験をもとに書いたこれまでの...
任意整理におすすめの弁護士事務所ランキング
名村法律事務所
名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
弁護士は2名と大きな事務所ではないですが、スタッフの方の対応もスムーズで安心してお願いできる事務所です。
弁護士費用も最安値クラスです。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ

東京ミネルヴァ法律事務所
【任意整理の社数が少ない方におすすめ!】
弁護士費用は相場よりやや高めですが、大手ならではの安定感があります。
無料相談の際にも電話をかけてもらう時間を事前に指定して依頼できたりオペレーションがしっかりしています。
在籍している弁護士も多いのでスケジュール調整も行いやすいと思います。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ

東京ロータス法律事務所
岡田法律事務所
【じっくり面談したい方におすすめ!】
通常は2回目からの相談は30分¥5,000程度の費用が発生するところが多いですが、何度でも無料で行えます。
弁護士費用も業界最安値クラスです。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ