借金の悩みを考える

借金500万円の返済には何年かかる?返済方法別に解説します。

借金500万円の返済方法

借金の大台1000万への折り返し地点となる500万円の借金を抱えてしまった人向けに書きます。

 

僕は2019年8月時点で1,070万円の借金を抱えていますが、この借金は10年くらいかけてじわじわと増えていったものです。

20代で1000万円の借金をした理由
20代で借金1000万円を抱えた理由と復活に向けての決意僕は20代で1,000万円の借金を抱えました。友人に借金があることを打ち明けると何にお金を使ったのか聞かれることが多いです。 本記事では借金の内訳を紹介しながら、借金をしてしまった理由、良いお金の使い道だったのか振り返ります。...

奨学金を除いた借金は870万円ほどですが、500万円を到達したときにはかなりやばいな〜と感じたのを覚えています。

ちょうど銀行カードローン3社を限度額まで使い切ってしまった状態で、新たな借入をするか迷っていたときです。

ただ、その頃の僕は完全に躁病状態だったので、借金500万円でやばいって感情はすぐに忘れて新たな借入をしてしまいました。

 

今、借金500万円を抱えていてある程度冷静に借金について考えられる人は、これ以上借りるのを辞めて返済を考えてみましょう

借金1000万円までいってマジでしんどい思いをしている僕からの本気のアドバイスです。

弁護士事務所が運営する安心・安全なシミュレーターはこちら!

\借金がいくら減るのか60秒で確認/ 借金減額シミュレーター(無料・匿名)>>

借金500万円は何年で返せるのか?

借金500万円の返済シミュレーション

まずは借金500万円の返済シミュレーションを考えてみました。

債務整理をせずに、利息を払いながら返済する場合のシミュレーションです。

借金500万の毎月の返済額

クレカのリボ払いやカードローンで借金をしている人は多いと思いますが、それぞれ毎月の最低返済額が設定されていると思います。

500万円も借金があると、毎月の返済額は合計で10万円前後になっているはずです

一般的な年収の人が毎月10万円を返済していくのは、かなり苦しい生活になります。

返済して生まれた利用枠をまた返済に使っていくような、自転車操業といえる生活を送っている人もいるでしょう。(僕はそうでした)

借金500万円の完済までにかかる期間

借金が500万円もあると完済までにかかる期間も長くなります。

借金総額が減っていくと毎月の最低返済額も減っていきますが、早く完済させるために返済額を減らさずに払い続けた場合のシミュレーションをしてみます。

以下の条件で完済までの期間をシミュレーションしてみました。

借入総額 ¥5,000,000

利息 15.0%

毎月の返済 ¥100,000*完済まで毎月

毎月10万円を返済し続けても、借金500万円の完済までに79ヶ月かかります。

6年と7ヶ月という長期間の返済になります。

借金500万円の返済にかかる利息

借金500万円の返済にかかる利息も恐ろしいです。

先ほどと同じ条件で借金500万円の完済までにかかる利息をシミュレーションしてみます。

借入総額 ¥5,000,000

利息 15.0%

毎月の返済 ¥100,000*完済まで毎月

頑張って毎月10万円の返済を完済まで続けても、完済までに支払う利息は290万円になります。

290万円あったらどれだけのことができるでしょうか…。

借金500万円の返済方法

借金500万円の返済方法

借金500万円は債務整理で解決!

借金が500万円ある方の中には、年収より借金の方が多くなっている方もいるのではないでしょうか?

もし借金が年収を超えていたら、ただちに債務整理を考えた方が良いです。

これ以上、状況が悪化すると借金に振り回されて人生立て直すのが困難になっていきます。

借金500万円は任意整理でも対応できる

債務整理の中には個人再生や自己破産といった借金の元本を減らせる手続きがあります。

個人再生の場合は借金500万円は100万円まで減額できますし、自己破産をすれば借金はゼロになります。

しかし、個人再生と自己破産ではデメリットが大きいです。

 

個人再生・自己破産は裁判所を通すため、手続きが煩雑で家族にバレやすいです

さらに奨学金など保証人つきの借金がある場合は、連帯保証人に請求がいってしまいます。

そもそもパチンコなどのギャンブルによる借金の場合、免責不許可事由とみなされて裁判所に受け入れてもらえない可能性もあります。

 

裁判沙汰にせず誰にもバレずに借金を返済していくなら任意整理がおすすめです。

借金の元本は基本的に減りませんが、利息がなくなるのでどんどん借金が減っていきます。

 

毎月の安定した収入があれば、借金500万円でも任意整理はできます。

借金500万円を任意整理をした場合の毎月の返済は8万円程度となる見込みですが、返済にボーナス払いを組み込めば5万円〜6万円に減らせる可能性もあります。

任意整理をした場合の返済期間は基本的に5年です。

 

ろっくす
ろっくす
僕も2019年に任意整理をして借金の返済をしています。
奨学金以外の870万円の任意整理して、毎月の返済額は12万7千円です。

任意整理にもデメリットはありますが、クレジットカードもETCカードも作る方法はありますし、デメリットは思ったより大きくないです。

任意整理のメリット・デメリットを経験者が徹底比較して解説!
任意整理のメリット・デメリットを経験者が徹底比較して解説!任意整理の手続きをしてから時間が経過したので、任意整理に関するメリット・デメリットを体感して理解できました。任意整理のデメリットを最小限にするための対策も分かってきています。本記事では弁護士や司法書士とは違って視点で、実体験に基づいて分かった任意整理のメリットとデメリットを徹底解説していきます!...

任意整理のデメリットよりも、借金500万円の利息を払い続けることの方が問題です。

借金500万円の返済は弁護士事務所に相談を!

借金500万円の返済は弁護士事務所に相談を!

借金500万円を債務整理しないで返済しようとすると、長い返済期間と高額な利息で苦しむことになります。

そして、これ以上借金が膨らんだり支払いの滞納が発生したりすると債務整理の手続きで不利になっていきます。

そうなる前に弁護士・司法書士といった専門家に借金の相談をしましょう。

相談をすれば、債務整理の手続きの詳細や・毎月の返済額がいくら減るかいつ返済が終わるかといった具体的な情報を教えてもらえます。

 

僕は任意整理をする際にいくつもの弁護士・司法書士事務所に相談をしました。

その経験をもとに、債務整理に強いおすすめの事務所をまとめているので参考にしてみてください。

債務整理おすすめ事務所10選!実体験と口コミによる比較ランキング!
債務整理はどこがいい?実体験と口コミで選んだおすすめの事務所ランキング!リボ払い・カードローン・奨学金などの借金の返済に苦しんでいて、債務整理という借金解決方法を知り検討している方もいると思います。 本記事では、僕が実際に債務整理をするために数多くの弁護士事務所・司法書士事務所を調べてきた中でおすすめできる事務所をランキング形式で紹介します。...
ABOUT ME
ろっくす
ろっくす
奨学金・リボ払い・カードローンの借金地獄と闘うアラサー借金男子。 2019年に任意整理をして、本気の借金返済を開始しました。 任意整理の体験談、借金に関する苦悩を書いています。 ファイナンシャル・プランナー(FP)3級。全くプラニングできていませんけどね。 任意整理に関する疑問などありましたらTwitterのDMから連絡ください。経験者としてお役に立てることもあるかと思いますので!
債務整理におすすめの弁護士・司法書士ランキング
\ 事務所の選び方まで徹底解説 /
債務整理おすすめランキング

迷ったらここ!債務整理に強い弁護士・司法書士事務所3選

1位 アヴァンス法務事務所

【大手ならではの安定感!】

豊富な実績はもちろんですが、大手ならではのサポートが充実しており安心して依頼できる司法書士事務所。

WEBで債務整理の手続きや返済状況を確認できるアヴァンス・ネクストが便利!
女性専用窓口アヴァンス・レディースもあります。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>

2位 名村法律事務所

名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
僕は全ての借金を希望通りに和解でき、任意整理の手続き後の対応もとても良かったです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>

東京ロータス法律事務所
岡田法律事務所
【じっくり相談したい方におすすめ!】
通常は2回目からの相談は30分¥5,000程度の費用が発生するところが多いですが、東京ロータス法律事務所では何度でも無料で行えます。
弁護士費用も最安値クラスです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>