任意整理の進め方

【体験談】任意整理の必要書類は特になし!3つの持ち物で手続き可能

任意整理するのに必要なもの

任意整理して借金1,000万返済中のろっくす(@rocknoir_)です。

先日、弁護士事務所に行き任意整理の依頼をしてきました。

 

これまでに弁護士事務所との関係を持ったことがなく、何となく手続きが大変そうなイメージがあったのですが、実際はかなりシンプルなものでした。

ネットで調べた際には任意整理の必要書類がいろいろ書かれていましたが、実際に任意整理の手続きをしたところ必要書類は特にありませんでした。

書類ではなく持ち物として3つ必要なものはありました。

今回は任意整理の手続きに必要なものについて解説していきます。

↓↓債務整理に強い弁護士事務所はこちら↓↓

>>債務整理するならどこがいい?おすすめの弁護士事務所3選【2020年版】

任意整理の手続きに必要書類はない!?

任意整理の手続きに必要書類はない!?

ネットで調べると任意整理の必要書類がいろいろと書かれていますが、不要なものばかりです。

必要書類としてよくネットに書かれているものについて実際に必要だったか紹介します。

収入証明書・源泉徴収票

収入証明書も源泉徴収票も不要でした。

任意整理の返済をしていけるか証明するために必要と書かれているサイトがありましたが、収入については弁護士事務所での面談の当日に相談申込用紙に記載するだけでした。

勤務先への在籍確認もありませんでした。

借入時の契約書

借入時の契約書も特に求められませんでした。

求められたとしても今となってはどこにあるかわかりません。

任意整理の依頼をしたら弁護士がそれぞれの貸金業者に連絡して契約状況を確認してくれます。

取引の明細書

取引の明細書も求められませんでした。

そもそも明細を保管している人は少ないでしょう。

 

任意整理をするとネットから過去の利用状況の確認ができなくなるので、個人的に把握しておきたい人は取引履歴を任意整理の依頼前に確認しておくことをおすすめします。

預金通帳

預金通用も不要です。

通帳記載をそもそもしていない人は多いと思いますし、資産状況も弁護士事務所が用意した書類に面談当日に記載するだけでした。

借入状況の一覧

借入状況の一覧は電話相談した内容をもとに弁護士事務所で作成しておいてくれました

自分の中で借金状況を整理するために持っておくのは良いですが、提出用に体裁を整えた借入状況の一覧は不要です。

 

僕は自分の確認用として借入先・借入額・毎月の返済額・利用期間を以下のようにGoogleスプレッドシートにまとめていました。

これは電話相談の際にも必要な情報なので、整理しておきましょう。

借入先 借入額 毎月の返済額 利用期間
みずほ銀行カードローン ¥2,000,000 ¥40,000 8年くらい
バンクイック ¥1,000,000 ¥20,000 7年くらい
楽天銀行スーパーローン ¥1,400,000 ¥20,000 6年くらい
レイク ¥900,000 ¥20,000 5年くらい
プロミス ¥1,500,000 ¥31,000 4年くらい
セゾンカード ¥1,000,000 ¥40,000 10年くらい
UFJ VISAカード ¥100,000 ¥5,000 10年くらい
JALカード(UFJニコス) ¥300,000 ¥9,000 10年くらい
楽天カード ¥500,000 10,000 6ヶ月
奨学金 ¥1,700,000 ¥17,000 9年

金額も期間もだいたいの数値で問題ないです。

詳しい借入状況については、実際に任意整理を依頼した後に事務所が貸金業者に確認入れることになります。

任意整理の手続きに必要なもの

任意整理の手続きに必要なもの

ここからは任意整理の手続きに必要だったものを紹介していきます。

本人確認書類・カード・印鑑の3点があれば手続きできます

身分証明書

事務所に面談に行った際に見せる必要があります。

免許証・パスポート・保険証のいずれかで対応可能です。

クレジットカード・キャッシングのカード

任意整理の依頼をすることが決まったら、任意整理対象のクレジットカードとカードローンを引き出すためのキャッシュカードを事務所に渡すことになります。

ろっくす
ろっくす
僕が渡したカードです。長年使ってきたカードなのでちょっと寂しい気持ちになりました…。

みずほ銀行のカードローンも任意整理の対象ですが、預金口座のキャッシュカードも兼ねているものなのでそちらはコピーだけ取って戻してもらいました。

印鑑

任意整理を依頼する書類に印鑑を押す必要がありますので、シャチハタ以外の印鑑が必要になります。

任意整理の手続きで大事なのは借金を返済していく気持ち

任意整理の手続きで大事なのは借金を返済していく気持ち

紹介してきたように、任意整理をするために用意するものはかなり少ないです。

契約書関連も事務所が全て準備するので簡単に手続きはできてしまいます。

 

簡単に手続きができてしまうからこそ、「気持ち」の用意が一番大事だと思います。

任意整理の手続きをするためには、弁護士または司法書士そして事務所のスタッフの方から、ちゃんと返済していける人だと思ってもらうことが必要です。

貸金業者と交渉して利息をカットできたのに、結局支払いができませんでしたでは事務所の方も困ってしまいます。

事務所で面談をした際にも、家計簿をつけるなどお金の管理はしっかりしましょうと言われました。

特に僕のように浪費が中心の借金をしてしまった場合は、心を入れ替えてお金と向き合っていくべきでしょう。

 

本記事で紹介した内容は僕が名村法律事務所に任意整理を依頼した体験をもとに書いています。

事務所によって任意整理に必要なものは異なるかもしれませんので、借金の相談の際に確認をしてください。

↓↓債務整理に強い弁護士事務所はこちら↓↓

>>債務整理するならどこがいい?おすすめの弁護士事務所3選【2020年版】

ABOUT ME
ろっくす
ろっくす
奨学金・リボ払い・カードローンの借金地獄と闘うアラサー借金男子。 2019年に任意整理をして、本気の借金返済を開始しました。 任意整理の体験談、借金に関する苦悩を書いています。 ファイナンシャル・プランナー(FP)3級。全くプラニングできていませんけどね。 任意整理に関する疑問などありましたらTwitterのDMから連絡ください。経験者としてお役に立てることもあるかと思いますので!
債務整理におすすめの事務所ランキング
\ 事務所の選び方まで徹底解説 /
債務整理おすすめランキング

迷ったらここ!債務整理に強い事務所3選

名村法律事務所
名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
名村法律事務所は人情に厚く話しやすいスタッフの方・弁護士なので、借金解決に向けて前向きな気持ちになれます。
弁護士費用も最安値クラスです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>

東京ロータス法律事務所
岡田法律事務所
【じっくり相談したい方におすすめ!】
通常は2回目からの相談は30分¥5,000程度の費用が発生するところが多いですが、東京ロータス法律事務所では何度でも無料で行えます。
弁護士費用も最安値クラスです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>

アヴァンス法務事務所
【司法書士事務所のおすすめNo.1】
1社あたり140万円以下の借金しかない方におすすめ!大手ならではのサポートが充実しており、安心して利用できます。
WEBで債務整理の手続きや返済状況を確認できるアヴァンス・ネクストが便利!
女性専用窓口アヴァンス・レディースがあります。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>