債務整理の基礎知識

【やばい!?】破産者マップの問題点と類似・後継サイトの現状を解説

破産者マップ

過去に問題となった破産者マップは、現在も見れるのでしょうか?

本記事では、破産者マップの現在や類似サイトについて解説します。

ろっくす
ろっくす
自己破産を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事を読んでわかること

  • 破産者マップの概要
  • 破産者マップの現在
  • 破産者マップの類似サイト
  • 類似サイトで自分の名前を見つけたときの対処法

破産者マップとは?

破産者マップとは?

破産者マップとは、自己破産した方の名前や住所などを公開しているサイトのこと。

Googleマップ上のピンを押すと、該当する破産者の名前や住所が表示される仕組みです。

 

破産者マップは、自己破産を行い困っている方を助ける目的で作られました。

しかし、個人情報を公開している点や悪質に利用する者が現れたことで社会問題となり、公開から3ヶ月で閉鎖となりました。

 

ろっくす
ろっくす
破産者マップに個人情報を掲載されるかもしれないと思うと、自己破産を躊躇してしまいます。

そもそも自己破産とは?

そもそも自己破産とは?

自己破産は、自分が持っている財産や収入では借金を返済できないと裁判所が認めた場合に、借金を全額免除する手続きです。

自己破産をすると借金の返済義務がなくなるため、「借金解決の最終手段」と言われています。

 

▼こちらの記事では、自己破産のメリット・デメリットを詳しく解説しています。

https://rocknoir.jp/jikohasan

破産者マップの問題点

破産者マップの問題点

破産者マップは自己破産した方を助ける目的で作られましたが、多くの問題点があったため閉鎖されました。

ここでは、破産者マップの問題点を解説します。

破産者マップの問題点①悪用した詐欺被害が起こる

破産者マップの管理人は、本人からの削除申請により情報を非公開にする仕組みを設けていました。

しかし、第3者が「情報を非公開にするにはお金が必要だ」と嘘を教え、申請費用の名目で破産者からお金を騙し取る詐欺行為が発生。

当時は社会問題として、ネットで取り上げられました。

 

ろっくす
ろっくす
破産者マップの情報が闇金に悪用される可能性も指摘されました。

 

金融機関からの借り入れが困難になっている自己破産者は、闇金にとって格好の餌食となってしまいます。

破産者マップの問題点②掲載されるのを恐れ自己破産を躊躇する

破産者マップに個人情報が掲載されるのを恐れ、自己破産を躊躇する人が現れてしまったのも問題点の1つ。

自己破産は、借金が返せなくなった場合の最終手段です。

自己破産を躊躇するとさらなる借金を重ね、借金地獄から抜け出せなくなってしまいます。

 

ろっくす
ろっくす
借金問題は、対処を先延ばしにするほど状況が悪化します。

破産者マップの問題点③法律に違反している可能性がある

破産者マップは、法律に違反している可能性があります。

  • 個人情報保護法
  • プライバシーの侵害
  • 名誉棄損

 

破産者マップは個人情報や他人に知られたくないことを許可なく掲載しているため、個人情報保護法違反・プライバシーの侵害に当たる可能性があるでしょう。

また、掲載されている情報により社会的評価が下がってしまうことが考えられるので、名誉毀損にも該当します。

 

ろっくす
ろっくす
破産者マップは、多くの法律に違反している可能性があるんです!

破産者マップは現在見れない?

破産者マップは現在見れない?

さまざまな問題点のある破産者マップですが、2019年3月19日にサイトが閉鎖され現在は見ることができなくなっています。

2019年3月中旬からアクセスが急増し、最大で1日に230万アクセスを記録。

多くの削除依頼が運営者に寄せられ、一時的にサイトがダウンする事態にまで発展しました。

さらに、詐欺被害が出たことで2019年3月18日に「破産者マップ被害対策弁護団」が設立され、翌日にサイトが閉鎖されることになったのです。

 

ろっくす
ろっくす
2021年8月に被害対策弁護団が破産者マップ運営者に対して、損害賠償訴訟を起こしています。

破産者マップが復活?類似・後継サイトを紹介!

破産者マップが復活?類似・後継サイトを紹介!

破産者マップの閉鎖後2つの類似・後継サイトが作られましたが、どちらのサイトも現在は閉鎖されています。

ここでは、破産者マップ閉鎖後に開設された2つの類似・後継サイトを紹介しましょう。

モンスターマップ

モンスターマップは、2019年9月に公開された破産者マップの類似サイトです。

破産者マップと同じく、自己破産者の氏名や住所などの個人情報を掲載していました。

Googleマップと連動しており、破産者マップと同様の方法で閲覧可能。

 

ろっくす
ろっくす
サイト運営者が情報の削除に応じない点が問題視されました。

 

政府の個人情報保護委員会からサイトの停止命令を出され、2020年8月にモンスターマップは閉鎖。

現在は閲覧できなくなっています。

自己破産・特別清算・再生データベース

「自己破産・特別清算・再生データベース」は、2019年9月に設立された破産者マップの類似サイトです。

破産者マップとの違いは、GoogleマップではなくYahoo!地図にリンクされている点。

検索フォームに自己破産者の住所が自動的にコピペされ、容易に住所検索できる仕様でした。

 

ろっくす
ろっくす
自己破産・特別清算・再生データベースは、運営者から金銭の要求があったという事例も報告された違法サイトです。

 

自己破産・特別清算・再生データベースは、一度閉鎖されたあと別のドメインで復活しましたが、現在は新しいサイトも閉鎖されています。

破産者マップの類似サイトで自分の名前を見つけたら…?

破産者マップの類似サイトで自分の名前を見つけたら…?

破産者マップの類似サイトは現在すべて閉鎖されていますが、この先新たな類似サイトができる可能性はあります。

新しくできた類似サイトで自分の名前を見つけた場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

ここでは、破産者マップの類似サイトで自分の名前を見つけた際の相談先を紹介します。

弁護士・司法書士事務所に相談する

最もおすすめできる相談先は、弁護士・司法書士事務所です。

おすすめする理由は以下のとおり。

  • 依頼すれば、必ず解決へ動いてもらえる
  • 損害賠償を請求できる可能性がある
  • 過去に弁護団を結成してサイトを閉鎖させたことがある

 

ろっくす
ろっくす
警察や公的機関の場合、必要と判断されないと解決に動き出してもらえません。

 

弁護士・司法書士事務所は依頼すれば必ず解決に動き出してもらえ、解決までのスピードも早いでしょう。

破産者マップのようなサイトはプライバシーの侵害や名誉毀損・個人情報保護法違反などに該当する可能性も高いです。

そのため、弁護士・司法書士事務所に依頼すれば、個人情報の削除だけでなく損害賠償も請求できるでしょう。

個人情報保護委員会に相談する

個人情報保護委員会は、個人情報の適正な取り扱いを推進するために国が設立した行政機関。

個人情報の削除を求めても対応してもらえなかった場合に、事業者へ個人情報の削除を求める通達を行ってもらえる可能性があります。

 

ろっくす
ろっくす
その他、事業者や行政機関などの個人情報取扱者へ必要に応じて勧告・命令を行っています。

 

相談方法は、「個人情報保護法相談ダイヤル」に電話する方法が一般的です。

電話番号・受付時間は以下のとおり。

電話番号:03-6457-9849

受付時間:平日9:30〜17:30

 

しかし、通達が行われるのは個人情報保護委員会が必要だと判断した場合のみなので、必ず対応してもらえるわけではありません。

違法・有害情報相談センターに相談する

違法・有害情報相談センターは、インターネット上の違法・有害な情報に関する相談を受け付け、適切な対応を取るためのアドバイスや情報提供を行っている窓口です。

豊富な知識を持った相談員に対応してもらえるので、専門的なアドバイスを受けられるでしょう。

相談方法は特設サイトから利用登録を行い、相談フォームを送信するだけと非常に簡単です。

 

ろっくす
ろっくす
誰でも無料で利用できますよ。

 

ただし、主な業務はアドバイスや情報提供なので、直接解決してもらえるわけではありません。

現在破産者の個人情報を確認できるサイトはある?

現在破産者の個人情報を確認できるサイトはある?

現在、自己破産者の個人情報を確認できるサイトは、国が発行している「官報」のみ。

官報は国が発行している機関紙なので、違法なものではありません。

 

ろっくす
ろっくす
自己破産すると、破産者および手続きの情報が官報に掲載されます。

 

官報に掲載される破産者の情報は、以下のとおりです。

  • 主文(破産手続き開始決定・免責許可決定が下された旨)
  • 事件番号
  • 住所
  • 氏名
  • 決定年月日時
  • 決定理由
  • 裁判所名

 

官報を発行する目的は、破産者と利害関係がある債権者などに手続きの内容を共有することです。

官報に掲載されても自己破産はバレない

官報に掲載されても自己破産はバレない

国が発行しているものとはいえ、官報に掲載されたことで自己破産がバレてしまうのが嫌という方もいるでしょう。

しかし、官報から周囲に知られることはほとんどありません。

ここでは、官報に掲載されても自己破産が周囲に知られる心配がない理由を紹介します。

自己破産がバレない理由①日頃から確認している人がいない

官報に掲載されても自己破産がバレない一番の理由は、「官報を日頃から購読している人がいない」から。

官報の知名度は非常に低く、一定の職業に就いていない限り存在自体を知らない方がほとんどです。

官報を日常的に確認する可能性があるのは、役所の担当者や信用情報機関の担当者程度でしょう。

 

ろっくす
ろっくす
官報に一度掲載されてしまうと情報が消えることはありませんが、周囲に知られる心配はないと言えます。

自己破産がバレない理由②検索機能は有料

官報には検索機能があるため、個人の名前から検索することができます。

しかし検索機能は有料で、月額500円〜2,200円程度の費用が必要です。

お金を払ってまで自己破産した個人を検索する人は稀なので、周囲にバレる心配はありません。

お金がかかると、多くの人は興味を持たなくなります。

 

ろっくす
ろっくす
破産者マップにアクセスが集中したのは、検索機能が無料だったためです。

自己破産がバレない理由③特定の個人を探すのは難しい

「検索機能を使わなくても個人を探せるのでは?」と思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、検索機能を使わず特定の個人を探すのは非常に難しいでしょう。

その理由は、官報の情報量が膨大であるため。

官報を毎日チェックしたとしても、特定の個人を探すには官報を隅々まで確認しなければならず、多くの時間がかかります。

 

ろっくす
ろっくす
膨大な時間をかけてまで、特定の個人を探す方は少ないでしょう。

 

また、官報掲載から30日経つと、有料版でしか名前を確認できなくなります。

特定の個人を探すには多くのハードルがあるため、周囲にバレることはないと言えるでしょう。

【まとめ】自己破産してもネット上に晒される心配はない

【まとめ】自己破産してもネット上に晒される心配はない

本記事では、かつて存在し自己破産者の個人情報を公開していた「破産者マップ」について解説しました。

現在は、破産者マップ・類似サイトともに閉鎖されており、自己破産した人の個人情報がネット上に晒される心配はありません。

国が発行している官報も、自己破産した個人を探すのは難しいため周囲に知られることはないでしょう。

 

自己破産は、返済できないほど多額の借金を抱えてしまった方にとって、最終手段とも言える手続き。

個人情報がネットに晒されるのを恐れ自己破産を躊躇すると、さらなる借金地獄に陥ってしまいます。

 

ろっくす
ろっくす
自己破産は法で認められた権利であり、やってはいけないものではありません。

 

自己破産した情報を晒される可能性は低いので、必要としている方は恐れずに手続きを進め、新たな生活を手に入れましょう。

債務整理の経験者が選ぶ!借金の相談におすすめの弁護士事務所

ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

弁護士・スタッフの方の経験が豊富で、電話でも面談でも対応が抜群に良かったです。

僕も任意整理の依頼をした弁護士事務所です。

>>ひばり法律事務所の詳細記事

取材記事【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問!

ABOUT ME
ろっくす
ろっくす
奨学金・リボ払い・カードローンの借金地獄と闘うアラサー借金男子。 2019年に任意整理をして、本気の借金返済を開始しました。 任意整理の体験談や借金生活について書いています。 ファイナンシャル・プランナー(FP)3級。全くプラニングできていませんけどねw 任意整理に関する疑問などありましたらTwitterのDMから連絡ください。経験者としてお役に立てることもあるかと思いますので!
債務整理におすすめの弁護士・司法書士ランキング
\ 事務所の選び方まで徹底解説 /
債務整理おすすめランキング

迷ったらここ!債務整理に強い弁護士・司法書士事務所3選

1位 ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
僕は全ての借金を希望通りに和解でき、任意整理の手続き後の対応もとても良かったです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>↓↓訪問して取材させていただきました!

【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問!
【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の依頼者が質問借金1,000万円返済中のろっくすです。 2019年に任意整理の依頼をしたひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)へ1年ぶりに訪問し...

2位 アヴァンス法務事務所

【大手ならではの安定感!】

豊富な実績はもちろんですが、大手ならではのサポートが充実しており安心して依頼できる司法書士事務所。

WEBで債務整理の手続きや返済状況を確認できるアヴァンス・ネクストが便利!
女性専用窓口アヴァンス・レディースもあります。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>

3位 弁護士法人ライズ綜合法律事務所
【まずは借金がいくら減らせるか確認できる!】
無料・匿名で利用できる借金の減額診断で、今ある借金がいくら減らせるか確認できます。
具体的な借金の相談をする前に利用してみるのもおすすめです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細借金減額診断はこちら>>