債務整理の基礎知識

FXの借金は債務整理できる?

FXの借金は債務整理できる?

副業や投資ブームにより、注目を集めるFX。

しっかりと勉強すれば、短期的に大きな利益を狙えるのがFXの魅力です。

一方で、FXの知識が不足していると、大きな損失を負う可能性があります。

FXで大きな利益を狙って負け越してしまった結果、借金を抱える方もいるのではないでしょうか。

FXによって発生した借金は、債務整理できるのか不安ですよね。

そこで今回は、FXが原因による借金を債務整理する方法や、注意点などを解説します。

 

この記事を読んでわかること

  • FXで借金ができる理由
  • FXが原因の借金は債務整理できるのか?
  • FXが原因の借金を債務整理するメリット・デメリット

 

ろっくす
ろっくす
FXによる借金を負ってしまった方は、参考にしてみてください。

FXで借金ができる理由とは?

FXで借金ができる理由とは?

FXで借金してしまう理由は複数考えられます。

まずは、なぜFXで借金を背負ってしまうのかを確認していきましょう。

クレジットカードによる証拠金の追い金

クレジットカードによる証拠金の追い金

相場が自分の予想と反対の動きをした際に、大きな損失を抑えてくれる「ロスカットシステム」に従わない場合、借金が発生する可能性があります。

ロスカットシステムを起動させないと、追加の証拠金(担保金)を入金して、大きな損失を背負ってしまうのです。

または、注文した銘柄の下落時に、損益分岐点(買付コスト)を引き下げる目的で追加注文の買付を行うトレード方法も考えられます。

ナン(難=損失)を平たく平均値に保つことからナンピン(難平)とも呼ばれ、追加で注文しても状況が改善せずに損失が発生してしまうケースです。

 

ろっくす
ろっくす
最初の損失を回収するために追加で投資資金を入金してしまい、徐々に借金額が大きくなるケースが見受けられます。

消費者金融からの借り入れ

消費者金融などからの借入

手元資金である原資の残額が0円になってしまえば、当然ですがFXトレードができなくなるため、消費者金融から借金をしてしまうケースも多いです。

FXは一攫千金のイメージが強く、短期間で大きな利益を狙うためにいきなり消費者金融からお金を借り入れる人もいます。

しかし複数回のトレードを重ねた結果、負け越してしまい、マイナス資金を回収する目的での新たな借り入れに歯止めが効かなくなってしまうのです。

 

ろっくす
ろっくす
FXトレードは、あくまでも生活の余剰資金で行うことが大切です。

FXが原因の借金は債務整理できる?できない?

FXが原因の借金は債務整理できる?できない?

債務整理には、大きく分けると「自己破産」「任意整理」「個人再生」3つの手続きが存在します。

しかしFXが原因の借金で、自己破産を選択するのは難しいです。

FXにより背負った借金は、「免責に相応しくない」とみなされます。

そのため、通常では自己破産を希望しても、許可を受けることができません。

一方、債務整理の中でも、任意整理や個人再生であれば手続きできるため、以下で詳しく解説します。

FXが原因の借金で債務整理で自己破産できないケース

FXが原因の借金で債務整理できないケース

FXが原因の借金は基本的に、自己破産による免責を妨げる事情として取り扱われるため、「免責不許可事由」に該当します。

つまり、FXによって背負ってしまった借金の場合、自己破産による免責許可が認められません。

 

ろっくす
ろっくす
破産法第252条1項4号では、「その他射幸行為」に指定されています。

 

自己破産で免責が認められると、お金を借りている債務者は借金返済を強制的に終了させることが可能です。

しかし、お金を貸す側である債権者にとっては、大きな損失を被ってしまいます。

 

ろっくす
ろっくす
債務者(お金を借りる側)と債権者(お金を貸す側)双方への影響のバランスが考慮されて内容が決められているのです。

免責の原因として相応しくない借金理由

免責の原因として相応しくない借金理由

その他射幸行為に該当するギャンブルは、FX以外にもパチンコ、スロット、競馬などが該当します。

当然、パチンコやスロットなどが原因による借金も、自己破産の免責事項としては認められません。

 

ろっくす
ろっくす
過度に高級な外食を頻繁に繰り返す行為や、無駄な浪費、趣味嗜好のための借金なども免責許可を得ることができないので覚えておきましょう。

免責許可を過去7年以内に受けている者

免責許可などの処置を過去7年以内に受けている者

過去の自己破産後に7年を経過していなければ、再申請が受けられません。

改めて自己破産の申し立てをしたい場合は、7年以上経過していることが条件として求められます。

 

ろっくす
ろっくす
過去に自己破産申請をしており、FXが原因による借金を自己破産で解決したい場合は、7年経過するまで待つ必要があるでしょう。

破産手続きの公正に相応しくない行為が発覚した場合

破産手続きの公正に相応しくない行為が発覚した場合

自己破産の手続き中に、再びFXやパチンコ、スロット、などの射幸行為が発覚した際は免責許可が得られません。

また、詐害行為、財産の隠匿、返済不能に陥った際に特定の債権者のみに返済する「偏頗(へんぱ)弁済」を行っていても自己破産ができなくなります。

特に、土地や車などを親族名義に変更したり、骨董品や不動産などを売却したりする行為にも注意が必要です。

 

ろっくす
ろっくす
破産者は、100万円程度まで財産を残せる決まりとなっているため、財産隠しに気をつけてください。

管財事件の担当者から改心していると認められない者

管財事件として管財人から改心している姿勢を認められない者

管財事件とは、裁判所が選任した管財人である弁護士が、自己破産希望者の財産状況や反省状況、更生具合などを確認する調査依頼の一種です。

自己破産者が節約に努める行動や、同じ過ちを繰り返さないために努力している姿を随時確認します。

管財人から、「自己破産者希望者は改心している」という承認が必要なため、常に反省する姿勢が必要です。

 

ろっくす
ろっくす
管財人から「改心していない」と判断された場合は、自己破産の手続きを進めることができないため、注意しましょう。

FXが原因の借金で債務整理できるケース

FXが原因の借金で債務整理できるケース

FXが原因の借金でも、裁量免責と呼ばれる担当裁判官による独自判断により、例外的に免責が認められるケースも存在します。

現実問題として、「FXをはじめとしたギャンブルが原因で借金を抱えている人」は、非常に多い傾向です。

もし、免責不許可事由に該当してしまうと、本当に困っている債務者は自己破産の申請ができなくなってしまいます。

 

ろっくす
ろっくす
大きな借金は、当事者の人生を大きく左右してしまう状況になりかねません。

 

そのため、「免責不許可事由を抱えている債務者の再起可能性を一色単に遮断してはいけない」などの意見も上がっています。

上記のような、債務者の将来を保護する目的からも、破産法第252条2項により一部では免責許可が認められている状況です。

また、債務整理の中でも、任意整理や個人再生は借金の理由を問われず、返済能力のみをチェックされる傾向にあるため、併せて覚えておきましょう。

FXの借金を債務整理するスムーズな方法

FXの借金を債務整理するスムーズな方法

FXが原因により借金をしてしまった場合、免責不許可事由として扱われるため、自己破産手続きを進めることが難しいです。

そのため、借金返済が苦しい方には、債務整理の一種である任意整理と個人再生による手続きをおすすめします。

内容は以下で解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

任意整理

任意整理

任意整理は、膨大な額にまで増えてしまった借金を分割で支払う和解を締結する手続きです。

ろっくす
ろっくす
任意整理を行うと利息をカットできるので、早期返済が可能となります!

 

また自己破産とは異なり、どのような理由で借金を背負ったのか?という原因を追求されることがありません。

基本的には、「現状での負債金額をしっかりと分割返済できるのか」という内容のみが確認されます。

個人再生

個人再生

個人再生は、借金が膨れ上がってしまった際に大幅な減額を行い、完済させていく手続きです。

自己破産と同様、裁判所を介します。

個人再生の場合、1/5〜1/10程度にまで返済額を下げることが可能です。

また申請手続きでは、任意整理と同じく「再生計画で決定された返済額を期間内に支払えるか」という内容が確認されます。

FXの借金で「債務整理」するメリット・デメリット

FXの借金で「債務整理」するメリット・デメリット

FXが原因の借金は、個人再生や任意整理を行うことにより、現状の借金額を大幅に減らすことができます。

一方、新たにクレジットカードが発行できなくなるなどのデメリットもあるため、以下では債務整理によるメリット・デメリットを確認していきましょう。

メリット

メリット

司法書士や弁護士に依頼するため、裁判所を介する複雑な手続きを代行してくれます。

また、債務整理前に返済していた利息がなくなったり、利率が下がったりするので短期間での返済が可能

そのほか、債務整理を行うと以下のメリットが挙げられます。

 

  • 負債金額を大幅に減らすことができる
  • 任意整理であれば、財産を差押えられない
  • 複数から借り入れている場合は一本化できる
  • 債権者からの取り立てがなくなる

 

ろっくす
ろっくす
僕も任意整理をして、大幅に借金を減らせました!

デメリット

デメリット

債務整理を行うと、クレジットカードやカーローン、住宅ローンなどに必要な情報を取りまとめる指定信用情報機関(CIC)にも情報共有されてしまいます。

場合によっては、賃貸契約を結べなくなる物件も出てきてしまうのです。

そのほかの債務整理によるデメリットとしては、以下の内容が考えられます。

 

  • 自己破産を行うと預金が失われる可能性がある
  • 債務整理を行なった企業の口座を所有・開設できなくなる
  • 情報信用機関(ブラックリスト)に情報が登録される

 

ろっくす
ろっくす
デメリットはありますが、借金の返済に向けて一歩前進できますよ。

【まとめ】FXの借金は債務整理できる可能性が高い!

本記事では、FXが原因の借金は債務整理できるのかを解説しました。

結論、FXが原因の借金でも、債務整理の手続きを申請できる可能性が高いです。

自己破産を希望する方の中には、借金を背負ってしまった原因や収入面、資産状況などの理由で申請が認められない可能性があることも事実。

しかし任意整理や個人再生であれば、自己破産に比べてスムーズに手続きできます。

 

ろっくす
ろっくす
借金で悩んでいる場合は、司法書士や弁護士に相談して早期解決するようにしましょう。

債務整理は複数の事務所に相談してから依頼先を決めましょう

債務整理は複数の事務所に相談してから依頼先を決めましょう

借金の相談は複数の事務所にしてみることをおすすめします。

借金という悩みを相談して解決していくわけですから、費用や実績といった外面的なところだけでなく、対応してくれるスタッフ・弁護士との相性が重要です。

相談しやすくて、手続きのことなどを理解し納得するまで話ができる人に依頼をしましょう。

 

僕は870万円という高額な借金の任意整理だったので、絶対に失敗はしたくありませんでした。

20ほどの候補の中から事務所を選び、最終的に自分にあった良い弁護士事務所に出会えたと思っています。

任意整理の依頼をしてから1年以上が経過しましたが、満足のいく任意整理ができました。

じっくり検討して債務整理を成功させましょう!!

債務整理の経験者が選ぶ!借金の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所(全国対応)

1位:ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

弁護士・スタッフの方の経験が豊富で、電話でも面談でも対応が抜群に良かったです。

債権者との交渉力も高く借金の負担が大きく軽減されました。

僕も任意整理の依頼をした弁護士事務所です。

>>ひばり法律事務所の詳細記事

取材記事【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問!

 

2位:アヴァンス法務事務所

平日は21時まで、土日・祝日も19時半まで相談可能。

WEBで債務整理の交渉・返済の進捗が確認できて利用しやすい大手の司法書士事務所です。

>>アヴァンス法務事務所の詳細記事

 

3位:ライズ綜合法律事務所

無料・匿名の借金減額診断で気軽に相談が可能。

債務整理に詳しくなくても簡単に相談できます。

まずは債務整理について知りたい方にもおすすめです。

>>ライズ綜合法律事務所の詳細記事

おすすめ事務所まとめ>>債務整理はどこがいい?実体験と口コミで選んだおすすめの事務所ランキング!

ABOUT ME
ろっくす
奨学金・リボ払い・カードローンの借金地獄と闘うアラサー借金男子。 2019年に任意整理をして、本気の借金返済を開始しました。 任意整理の体験談や借金生活について書いています。 ファイナンシャル・プランナー(FP)3級。全くプラニングできていませんけどねw 任意整理に関する疑問などありましたらSNSのDMから連絡ください。経験者としてお役に立てることもあるかと思いますので!
債務整理におすすめの弁護士・司法書士ランキング
\ 事務所の選び方まで徹底解説 /
債務整理おすすめランキング

迷ったらここ!債務整理に強い弁護士・司法書士事務所3選

1位 ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
僕は全ての借金を希望通りに和解でき、任意整理の手続き後の対応もとても良かったです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>↓↓訪問して取材させていただきました!

【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問!
【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の依頼者が質問借金1,000万円返済中のろっくすです。 2019年に任意整理の依頼をしたひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)へ1年ぶりに訪問し...

2位 アヴァンス法務事務所

【大手ならではの安定感!】

豊富な実績はもちろんですが、大手ならではのサポートが充実しており安心して依頼できる司法書士事務所。

WEBで債務整理の手続きや返済状況を確認できるアヴァンス・ネクストが便利!
女性専用窓口アヴァンス・レディースもあります。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>

3位 弁護士法人ライズ綜合法律事務所
【まずは借金がいくら減らせるか確認できる!】
無料・匿名で利用できる借金の減額診断で、今ある借金がいくら減らせるか確認できます。
具体的な借金の相談をする前に利用してみるのもおすすめです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細借金減額診断はこちら>>