任意整理の体験談

借金1,000万円あって個人再生ではなく任意整理を選んだ理由

昨日、任意整理の手続きを弁護士さんに依頼してきたろっくす@rocknoir_)です!

僕はカードローン5社・クレジットカード4枚・奨学金の借入があります。

今回、この合計10件の借金のうち、奨学金とクレジットカード2枚を除く7件を対象に任意整理をする決断をしました。

任意整理の対象額は7件で約830万円となります。

 

法律事務所で相談をした際に、この金額で任意整理する人は珍しいですね〜と言われました。

本人の収入にもよりますが、1000万円以上の借金がある人は個人再生か自己破産の手続きが一般的です。

僕も個人再生の手続きを検討したことがありましたが、よ〜く考えて任意整理を選択しました。

今回は、僕が債務整理をするにあたって、個人再生ではなく任意整理を選択した理由について紹介いたします。

個人再生と任意整理の違い

本題に入る前に、個人再生をするか任意整理をするか検討する場合のポイントを挙げます。

いろいろ細かい違いはありますが、重要なポイントは「元本が減るかどうか」と「債務の対象を選択できるか」の2点です。

個人再生は借金の元本を減らすことができる

任意整理と比較した場合の個人再生の最大のメリットは借金の元本が減ることです。

任意整理は借金の元本は原則減らずこれから発生する利息をカットする方法になりますが、個人再生は借金の元本を大幅に減らすことができます。

借金総額によって返済額は異なってきます。

借金総額 返済額
100万円未満 全額
100万円以上500万円以下 100万円
500万円超1,500万円以下 借金総額の5分の1
1,500万円超3,000万円以下 300万円
3,000万円超5,000万円未満 借金総額の10分の1
ろっくす
ろっくす
僕の場合は任意整理なら返済額830万円ですが、個人再生なら160万円まで返済額が減ります

個人再生は債務の対象を選択できない

任意整理は自分が抱えている借金のうち、対象とする債務を選択することができます。

今まで通りに自分で利息を払いながら返していく借金と、弁護士さんから交渉していただき利息をストップさせる借金に分けることができます。

借入額が少ない借金や保証人付きの借金は債務整理の対象から外すことができます。

一方で、個人再生の場合は全ての借金が債務整理の対象となります。

個人再生ではなく任意整理を選んだ理由

奨学金の保証人に迷惑をかけたくない

僕は大学に通うために360万円の奨学金を借りました。
毎月¥17,000を返済していて、半分くらいまで返済が進んでいます。

通常、奨学金を借りる場合は保証人をつけることになります。

僕の場合は父と叔父が保証人です。

個人再生をすると奨学金も債務整理の対象となってしまうため、保証人に未払いの奨学金の請求がされてしまいます。

そうなると、個人再生をしたこともバレますので、借金を抱えていることが親や親族に知れ渡り、さらには返済の負担をかけてしまうことになります。

僕はこれをどうしても避けたかったので、個人再生を選択しませんでした。

 

借金抱えちゃったんだから、バレたくないとか言っている場合ではないという意見もあると思います。

ただ、親をこれ以上悲しませたくなった。

 

奨学金絡みの多重債務で苦しんでいる人は、けっこういるはずです。

現代の闇の一つなんじゃないかと思っているので、この問題については別途記事にまとめました。

【奨学金と借金】多重債務になっても自己破産できずに苦しむ現代の闇こんにちは。借金1,000万円、任意整理ブログ運営中のろっくす(@rocknoir_)です。 このブログでは度々書いているのですが...

個人再生しても自分自身が再生されるのかという疑問

もう一つ、個人再生を選択しなかった大きな理由があります。

これは借金を抱えた経緯にもよってくるのですが、生活費・ギャンブル・その他浪費で借金を作ってしまった場合に考えるべきことです。

 

個人再生をすれば借金は大幅に減り生活はラクになります。

毎月の返済が少なくなるので、一気にお金の問題は解消されるでしょう。

ただ、解決したい問題はお金だけなのでしょうか?

僕が心の中で本当に思っていることはそうではなかったのです。

 

お金を解決したいんじゃない、こんな自分を解決したい。

ダラシない自分、努力できない自分、問題を先送りにしてしまう自分。

こんな自分を変えていかなくてはならない。

こっちの方が重要でした。

 

そのためには、やはり借りた金額(元本)を自力で返し、その苦しみの中で自分を立て直しいく必要があると考えました。

これからは良いお金の使い方をして、今よりもっともっと稼げるようになっていきたい。

 

じゃあ、任意整理もしないで利息含めて全額返済すれば?と思うかもしれません。

僕もそう思って3年程過ごしてきました。

ただ、実際にやってみてわかりましたが、債務整理をしてないとカードローンやクレカの利用枠の分だけいつでも使えてしまうので、借りて返しての自転車操業生活で何とかなってしまいます。

永遠に借金が減っていかないだけで、目の前の1ヶ月を過ごすのは以外とラクです。

 

任意整理をしてしまえば、もう借入ができなくなります。

自分の収入の範囲でやり繰りしていかなければなりません。

僕は自分に甘いので、自分を追い込むためにも任意整理をしました。

任意整理をして後悔していないか?

昨日手続きをしたばかりなので、今のところ後悔はありません。

むしろ前向きな気持ちで溢れています。

本当に任意整理をして良かったのかどうかは、このブログにも記載していきます。

【体験談】任意整理の手続きをしてからの変化 | その後の生活とやったことの全記録こんにちは。信用情報ブラックのろっくす(@rocknoir_)です。 2019年7月末に任意整理の依頼を弁護士事務所にして...
任意整理するならここがおすすめ!
名村法律事務所
名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
弁護士は2名と大きな事務所ではないですが、スタッフの方の対応もスムーズで安心してお願いできる事務所です。
弁護士費用も最安値クラスです。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ

東京ミネルヴァ法律事務所
【任意整理の社数が少ない方におすすめ!】
弁護士費用は相場よりやや高めですが、大手ならではの安定感があります。
無料相談の際にも電話をかけてもらう時間を事前に指定して依頼できたりオペレーションがしっかりしています。
在籍している弁護士も多いのでスケジュール調整も行いやすいと思います。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ

東京ロータス法律事務所
岡田法律事務所
【じっくり面談したい方におすすめ!】
通常は2回目からの相談は30分¥5,000程度の費用が発生するところが多いですが、何度でも無料で行えます。
弁護士費用も業界最安値クラスです。
弁護士費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

詳細ページ公式ページ