借金談

借金50万円を返済するにはどうするべき?任意整理が必要?

借金50万円任意整理

50万円の借金であれば、「すぐに返済できる」と楽観的に考えている人が多いのではないでしょうか。

しかし、実際には50万円の借金を返済するのは大変で、任意整理が必要になるケースもあります。

そこで今回は、借金50万円を返済するにはどうすれば良いか解説します。

 

この記事を読んでわかること

  • 借金50万円で任意整理は必要か
  • 借金50万円でどれくらいの利息がかかるの?
  • 借金50万円の返済方法とは?

借金50万円で任意整理を検討した方が良いケースとは?

借金50万円で任意整理を検討した方がよいケースとは?

借金50万円を返済する方法として「任意整理」があります。

ここでは、借金50万円で任意整理を検討した方が良いケースをまとめてみましょう。

いつまでも元金が減らない(利息が増えている)

長い期間返済を続けているのに、「いつまでたっても元金が減らない…」という場合には、任意整理を検討しましょう

元金が減らない場合、利息が増えてしまっている可能性があります。

 

50万円の借金であれば、クレジットカードのキャッシング・リボ払い・カードローンなどで借り入れしているケースが多いです。

これらの借入方法では、高い金利(15~20%)が設定されているため、利息が増えてしまいます。

 

ろっくす
ろっくす
消費者金融やクレジットカードのキャッシングの金利は、非常に高いです。

 

また、毎月の最低返済額も小さめなので「利息ばかりを返済していつまでも元金が減らない…」という負のループにはまりやすいのです。

このようなケースでは、任意整理を行うことで支払う利息負担を減らすことができます

 

ろっくす
ろっくす
利息ばかりを支払っていると、いつまでたっても借金を完済できません。

借金総額が年収の3分の1を超えている

消費者金融やカードキャッシングからの借金総額が、年収の3分の1を超えている場合は、任意整理を検討しましょう。

年収の3分の1を超えた負債がある場合、「総量規制」の対象となります。

 

総量規制とは、借り過ぎや貸し過ぎを防ぐための規制。

借入残高が年収の3分の1を超えると、新たな借り入れができません。

年収の3分の1の借入がある場合、自力での返済を続けることは難しいでしょう。

 

ろっくす
ろっくす
例えば年収150~200万円の方であれば、借金50万円を自力で返済するのは厳しいです。

すでに返済が遅れている・滞納しそう

毎月の返済期日に支払いが遅れている・支払いを滞納している場合には、自力での返済が困難です。

すでに返済が遅れてしまっている方は、任意整理を検討した方が良いでしょう。

 

ろっくす
ろっくす
毎月の返済期日にきちんと支払いできていない場合は、早急に任意整理を検討しましょう。

借金の負担は減らせます!

\借金がいくら減るか60秒で確認/ 借金減額診断(匿名・無料)>>

借金50万円の利息はいくら必要?

借金50万円の利息はいくら必要?

借金50万円を1年間でコツコツ返済している場合、1年で利息はどれくらい増えるのでしょうか?

一般的な消費者金融で50万円を借りた場合、金利は年18.0%の場合がほとんどです。

50万円を金利が年18.0%で、1年間で返済した場合の利息は「50,037円」になります。

 

ろっくす
ろっくす
つまり50万円借りたのに、最終的には「55万円」も支払わなければいけないのです。

 

以下の表は、50万円を借りて、金利18%の時の利息を、返済期間ごとにまとめたものになります。

返済期間  利息  支払い総額
6ヶ月 26,571円 526,571円
12ヶ月 50,037円 550,037円
18ヶ月 74,118円 574,118円
24ヶ月 99,057円 599,057円
36ヶ月 140,926円 640,936円
42ヶ月 164,634円 664,634円
48ヶ月 198,586円 698,586円

 

48ヶ月で借金50万円を返済した場合、なんと20万円近い利息を払わなければなりません。

 

ろっくす
ろっくす
50万円の借金でも、利息はどんどん増えます。

借金50万円を任意整理するとどれくらい減額できる?

借金50万円を任意整理するとどれくらい減額できる?

任意整理をすると、利息や遅延損害金がカットされるため借金が大幅に減額されるケースが多いです。

では借金50万円を任意整理した場合、どれくらいの減額ができるのでしょうか?

任意整理によって減らせる金額とは?

任意整理によって減らせる金額には、以下のものがあります。

  • 総返済額
  • 毎月の返済額

 

総返済額とは、完済までに支払わなければいけない総額のこと。

任意整理をすれば、総返済額から以下の支払い金額を減らすことができます。

  • 合意後の将来利息
  • 完済時までに発生する遅延損害金
  • 経過利息

 

また、総返済額が減るということは、月々の返済額も減らすことができるため、毎月の生活が楽になるでしょう。

 

基本的には、任意整理後の返済期間は3~5年間の範囲で設定します。

毎月の支払い額が少なすぎると、任意整理に合意してもらえないケースもあるので注意が必要です。

 

ろっくす
ろっくす
僕も2019年に任意整理をして、返済額を大幅に減らすことができましたよ。

借金50万円を任意整理すると減らせる額はいくら?

借金50万円を任意整理することで、どれくらい返済額を減らせるのでしょうか?

ろっくす
ろっくす
今回は、50万円を年金利18.0%で借りているケースで考えてみます。

 

50万円の借金(年金利18.0%、3年払い)を、返済期間5年で任意整理した場合の返済額は、以下のとおりです。

借金返済額 任意整理後の総支払額
総返済額 650,721円 50万円

任意整理をすることで、総返済額を15万円も減らすことができます。

 

借金返済額 任意整理後の総支払額
月々の返済額 18,076円 8,300円

月々の返済額も半額以下になるので、返済しやすいでしょう。

 

ろっくす
ろっくす
この表を見ればわかる通り、任意整理をすると総支払額が大幅に減り、月々の返済額も少なくなります。

借金50万円を返済する方法

借金50万円を返済する方法

借金50万円を返済するにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、借金50万円の返済方法をまとめます。

借金状況を把握する

1番にしなければならないのが、借金状況を把握することです。

複数の会社でお金を借りている場合、「借金状況をきちんと把握できていない…」ということも少なくありません。

大まかな情報ではなく、明細に基づいて正確な情報をメモしておきます。

 

ろっくす
ろっくす
借金がどれくらいあるかを正確に把握するのがスタートです!

月々の返済額のシュミレーションを行い、着実に返済する

きちんと家計管理できていない場合には、まず収支を把握します。

収支を見直し、出ていくお金を減らすことで、毎月の返済額を増やすことができるでしょう。

無理なく支払える月々の返済額をシュミレーションし、着実に返済していくことが大切です。

 

ろっくす
ろっくす
月々の返済額に無理があると返済が滞ってしまうため、無理なく払える返済額のシュミレーションが大切です。

家計(固定費)の見直し

固定費を見直すことで、月々の支出を減らし、借金を返すことができます。

例えば、以下の方法があります。

  • 家賃が安い家に引っ越す
  • 不要な保険を解約する
  • 携帯料金プランを見直す
  • 携帯電話を格安スマホに変更する
  • 不要なインターネット回線を解約する

 

月々の固定費を下げることで、支出が減り、借金を返済しやすくなります。

 

ろっくす
ろっくす
また、自動車は保険料やガソリン代、駐車場代など維持費がかかるため、自動車を売却すれば借金返済しやすくなるでしょう。

不用品を売却して返済に充てる

着なくなった衣服や読まなくなった書籍など、家にある不用品をフリマアプリやオークションサイト、買取サービスなどを使って売却します。

換金しやすい商品をまとめてみました。

  • ジュエリー・アクセサリー
  • ブランド品
  • 家電
  • 家具
  • 書籍、CD、DVD

 

不用品を売却すればまとまったお金ができるので、借金返済に充てられるでしょう。

 

ろっくす
ろっくす
不用品を売れば部屋も綺麗になり、収入にもなるので一石二鳥です。

副業で収入をアップする

本業とは別に、短期アルバイトや在宅ワークなどの副業をすることで、収入を上げる方法です。

副業での収入を借金返済に充てれば、借金を減らすことができるでしょう。

 

本業が会社員の場合には、会社の従業員規則や雇用契約書をチェックしてください。

副業が許可されているかを確認してから、副業をするようにしましょう。

 

ろっくす
ろっくす
副業は、本業に支障のない範囲から行うことが大切です。

身内からお金を借りる

自力で借金を返済するのが難しい場合、身内に相談してお金を借りるのも1つの方法です。

借金の一部でも立て替えてもらえれば、最終的な支払い総額を減らすことができるため、返済期間の短縮につながります。

 

ろっくす
ろっくす
身内との関係性が良好な場合は、頼ってみるのも一つの手です。

おまとめローンを検討する

おまとめローンでは、複数の借金を1社にまとめることが可能です。

借金を1本化できるため、金銭管理がしやすくなるというメリットがあります。

ただし、借金額自体が減額するわけではありません

 

ろっくす
ろっくす
おまとめローンはメリットだけでなく、デメリットもあるためしっかりと検討するべきでしょう。

任意整理を行う

「借金50万円を自力で支払うのは難しい…」と感じたら、弁護士に相談して任意整理を行いましょう。

任意整理を行えば、支払い総額を減らすことができるので、月々の生活にも余裕が出ます。

弁護士に相談する際には、任意整理を得意としている弁護士事務所を選ぶと良いでしょう。

 

ろっくす
ろっくす
初回相談無料の弁護士事務所であれば、相談しやすいですね。

【まとめ】借金50万円の返済に困ったら任意整理を検討しよう!

借金50万円の返済に困ったら任意整理を検討しよう!

「50万円くらいの借金であればすぐに返せる」と思っていても、思った以上に利息が増えて返済に困っているケースは、少なくありません。

家計の見直しや副業、不用品買取による臨時収入などで、借金50万円を返済してみましょう。

それでも難しい場合には、1人で悩まず、弁護士や司法書士に相談するのがおすすめです。

任意整理など、最適な解決策を提案してくれるでしょう。

債務整理の経験者が選ぶ!借金の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所(全国対応)

1位:ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

弁護士・スタッフの方の経験が豊富で、電話でも面談でも対応が抜群に良かったです。

債権者との交渉力も高く借金の負担が大きく軽減されました。

僕も任意整理の依頼をした弁護士事務所です。

>>ひばり法律事務所の詳細記事

取材記事【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問!

2位:アヴァンス法務事務所

平日は21時まで、土日・祝日も19時半まで相談可能。

WEBで債務整理の交渉・返済の進捗が確認できて利用しやすい大手の司法書士事務所です。

>>アヴァンス法務事務所の詳細記事

3位:ライズ綜合法律事務所

無料・匿名の借金減額診断で気軽に相談が可能。

債務整理に詳しくなくても簡単に相談できます。

まずは債務整理について知りたい方にもおすすめです。

>>ライズ綜合法律事務所の詳細記事

おすすめ事務所まとめ>>債務整理はどこがいい?実体験と口コミで選んだおすすめの事務所ランキング!

ABOUT ME
ろっくす
奨学金・リボ払い・カードローンの借金地獄と闘うアラサー借金男子。 2019年に任意整理をして、本気の借金返済を開始しました。 任意整理の体験談や借金生活について書いています。 ファイナンシャル・プランナー(FP)3級。全くプラニングできていませんけどねw 任意整理に関する疑問などありましたらTwitterのDMから連絡ください。経験者としてお役に立てることもあるかと思いますので!
債務整理におすすめの弁護士・司法書士ランキング
\ 事務所の選び方まで徹底解説 /
債務整理おすすめランキング

迷ったらここ!債務整理に強い弁護士・司法書士事務所3選

1位 ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
僕は全ての借金を希望通りに和解でき、任意整理の手続き後の対応もとても良かったです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談をする>>↓↓訪問して取材させていただきました!

【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問!
【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の依頼者が質問借金1,000万円返済中のろっくすです。 2019年に任意整理の依頼をしたひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)へ1年ぶりに訪問し...

2位 アヴァンス法務事務所

【大手ならではの安定感!】

豊富な実績はもちろんですが、大手ならではのサポートが充実しており安心して依頼できる司法書士事務所。

WEBで債務整理の手続きや返済状況を確認できるアヴァンス・ネクストが便利!
女性専用窓口アヴァンス・レディースもあります。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談をする>>

3位 弁護士法人ライズ綜合法律事務所
【まずは借金がいくら減らせるか確認できる!】
無料・匿名で利用できる借金の減額診断で、今ある借金がいくら減らせるか確認できます。
具体的な借金の相談をする前に利用してみるのもおすすめです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細借金減額診断はこちら>>