借金の督促

債権回収会社は怖い会社?督促を無視する危険性と対処法を解説

債権回収会社は怖い会社?

借金を延滞していると、ある日突然「債権回収会社」から支払い督促されることがあります。

聞いたこともない会社からいきなり督促を受けて、驚いてしまうでしょう。

ネット上では「債権回収会社は怖い…」と噂になっていますが、本当なのでしょうか?

 

ろっくす
ろっくす
この記事では、債権回収会社の概要や対処法をまとめます。

 

この記事を読んでわかること

  • 債権回収会社(サービサー)とは?
  • 債権回収会社(サービサー)による督促の流れ
  • 債権回収会社(サービサー)の督促を無視する危険性
  • 債務回収会社(サービサー)からの督促がきたときの対処法

借金を減らすなら弁護士に相談!

【おすすめ】ひばり法律事務所

クレカ・カードローンの返済に困っているあなたも、弁護士事務所に相談すれば支払いをストップされることも可能です。

任意整理という手続きでは、借金の利息をカットし返済額を減らすことができます。

(僕も実際に相談をして毎月の返済が減りました)

\無料・匿名OK/ひばり法律事務所に相談>>

公式サイト:https://hibari-law.net/

債権回収会社(サービサー)とは?

債権回収会社(サービサー)とは?

債権回収会社とは、その名の通り「債権を回収する会社」です。

ろっくす
ろっくす
債権回収会社の特徴や仕組みをまとめます。

債権回収会社は債権の管理・回収を行う専門企業

債権回収会社は、金融機関やクレジットカード会社などから委託を受け、債権(借金)の回収や管理を行う専門企業です。

通称「サービサー」とも呼ばれています。

 

ろっくす
ろっくす
つまり、借金の取り立てを専門的に行っている会社です。

 

借金の回収を専門に行う業者と聞くと、「脅迫的な取り立てをされてしまうのでは?」と怖いイメージを持ったり、闇金のような怪しいイメージを抱いたりするかもしれません。

しかし債権回収業者は、国の許可を受けた社会的信用のある企業です。

違法な取り立ては一切なし!

債権回収業者は、法務大臣に営業許可を受けた債権回収・管理を実施する民間企業です。

「債権管理回収業に関する特別措置法(通称:サービサー法)」に基づき、依頼した企業の代わりに債権を回収しています。

そのため、闇金のように違法な取り立ては一切行っていません

 

ろっくす
ろっくす
暴力的な取り立てをされることは絶対にありません。

 

法務大臣から債権回収会社として許可を受けるには、サービサー法で定められた以下の要件を満たす必要があります。

  • 資本金5億円以上の会社であること
  • 常務に従事する取締役のうち1名以上が弁護士であること
  • 暴力団員等の関与がないこと、暴力団等を排除する仕組み作りが行われていること

 

債権回収会社はこのようなルールを守って業務を行うことで、法律(サービサー法)によって債権の取り立てを特別に認められています。

 

ろっくす
ろっくす
債権回収会社であるためには、これだけの厳しい条件を満たすことが必要なのです。

債権回収の仕組みとは?

債権回収とは、債務者(借りている側)が借金を滞納した場合、債権者(貸している側)が取り立てる行為のこと。

クレジットカード会社や消費者金融などの貸金業者から借入をしているにも関わらず、支払いを滞納した場合、債権者である貸金業者は債権回収会社に回収の委託を行います。

債権回収会社は貸金業者から手数料を受け取って、債務者から債権を回収することで利益を得る仕組みです。

 

債権回収会社と貸金業者は、業務を行う上で重要なパートナーです。

そのため、債権回収会社は貸金業者の子会社や関連会社であるケースが多いでしょう。

 

ろっくす
ろっくす
貸金業者の子会社である場合、その貸金業者の債権回収だけを専門に行うサービサーもあります。

 

また、債権回収会社では消費者金融などの会社だけではなく、個人から債権を譲渡され取り立てを行うケースもあります。

個人間で借金をしてそれを滞納した場合、債権回収会社から支払い督促されることもあるのです。

債権回収会社が回収できるのは一部の特定金銭債権のみ

債権回収会社が回収できる債権は、一部の特定金銭債権のみとなっています。

特定金銭債権は、以下のようなものです。

  • 金融機関が貸し付けていた貸金
  • リース・クレジットカードの債権(立替金)
  • 資産の流動化に関する金銭債権
  • ファクタリング業者が有する金銭債権
  • 法的倒産手続きの者が有する金銭債権
  • 保証契約に基づく債権
  • その他政令で定める債権

 

銀行や消費者金融から借りたお金や、携帯電話代・エステ代金・自動車代金の分割などは、すべて特定金銭債権に該当します。

つまり債権回収会社は、私たちがよく利用するクレジットカードやローンなどほぼ全てを回収することができるのです。

 

ろっくす
ろっくす
金融機関や消費者金融などから借入がある方は、ご注意ください。

法務省から認可を得ている主な債権回収会社(サービサー)とは?

法務省から認可を得ている主な債権回収会社(サービサー)とは?

法務省が認可している主な債権回収会社は、以下の通りです。

  • 日本債権回収会社
  • アビリオ債権回収株式会社
  • ニッテレ債権回収株式会社
  • SMBC債権回収株式会社
  • オリックス債権回収株式会社
  • エー・シー・エス債権管理回収株式会社
  • エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社
  • 三菱HCキャピタル債権回収株式会社
  • アイ・アール債権回収株式会社
  • 株式会社セディナ債権回収
  • アウロラ債権回収株式会社
  • 株式会社エムアールアイ債権回収
  • アルファ債権回収株式会社
  • パルティール債権回収株式会社
  • リボーン債権回収株式会社
  • ジャックス債権回収サービス株式会社
  • みずほ債権回収株式会社
  • 保証協会債権回収株式会社
  • 系統債権管理回収機構株式会社
  • 新生債権回収株式会社
  • 株式会社住宅債権管理回収機構
  • ジャパントラスト債権回収株式会社

参考:一般社団法人全国サービサー協会

 

現在日本には、法務省から認可されている債権回収会社が128社あります。(2022年10月現在)

メガバンクグループの債権回収会社や有名信販会社の系列会社など、大手企業傘下の債権回収会社が大半です。

債権回収会社ではそれぞれ委託している債権者が異なり、親会社の債権回収を担当するケースが多いです。

 

ろっくす
ろっくす
債権回収会社から連絡が来た場合、法務省の一覧を確認して認可を受けている会社なのか確認してみると良いでしょう。

債権回収会社(サービサー)による督促の流れ

債権回収会社(サービサー)による督促の流れ

債権回収会社による督促は、どのように行われるのでしょうか?

ろっくす
ろっくす
ここでは、債権回収会社による督促の流れをまとめます。

①貸金業者が債権回収会社に回収の委託や債権譲渡を行う

まずは、消費者金融や金融機関などの貸金業者が債権回収会社に、債権の回収を委託します。

また、債権回収会社に債権を譲るケースもあります。

債権回収業者は債権者から債権の回収を委託・譲渡されたら、債務者に対して債権の回収を始めます。

 

ろっくす
ろっくす
本来は、債権回収業者から督促される前に借金を返すのが理想的です。

②債権譲渡通知書が届く

借入先の金融機関や消費者金融などから、債権譲渡通知書が届きます。

債権譲渡通知書には、「債権回収会社に債権譲渡(もしくは債権回収の委託)を行った」という旨が記載されています。

 

ろっくす
ろっくす
債権譲渡通知書が届いたら必ず中身を見て、心当たりがあるかどうか確認しましょう。

 

債権譲渡通知書が届いた時点で、信用情報機関には事故情報が登録されています

さらに滞納を続けることで、遅延損害金がどんどん増え続けてしまいます。

 

ろっくす
ろっくす
債権譲渡通知書が届いたら、すでにブラックリストに載っています。

③債権回収会社から裁判所に訴訟や支払い督促を申し立てる

その後、債権回収会社は電話やハガキによる支払い督促を行います。

また「訪問予告通知書」が届いて、自宅を訪問されるケースもあります。

 

ろっくす
ろっくす
それでも無視していると、内容証明郵便で一括請求の督促が届きます。

 

一括請求を無視した場合、債権回収会社は裁判所に訴訟や支払い督促を申し立てます。

そうすると、裁判所から裁判の期日に出頭するよう連絡がきます。

 

ろっくす
ろっくす
この段階になってしまうと、債権回収会社との交渉の余地はありません。

④財産の差し押さえ

裁判に出頭しなければ、裁判所の判断によって一括返済の判決が下り強制執行が許可されます。

強制執行が許可されると、財産が全て差し押さえになってしまいます。

 

ろっくす
ろっくす
財産を没収されて、強制的に借金回収されてしまいます。

債権回収会社(サービサー)の督促を無視するリスク

債権回収会社(サービサー)の督促を無視するリスク
ろっくす
ろっくす
ここでは、債権回収会社の督促を無視する危険性をまとめます。

遅延損害金が増え続ける

借金の支払いを延滞し続けると、遅延損害金が発生します。

遅延損害金は通常の利息よりも高いです。

債権回収会社が取り立てを行うようになってからも遅延損害金のルールは適用されるため、支払いが遅くなればなるほどどんどん増えてしまいます。

 

ろっくす
ろっくす
遅延損害金が増えると総返済額は多くなります。

自宅訪問による督促を受ける

債権回収会社による支払い督促は、電話・はがき・封書などで行われます。

その督促を無視すると自宅訪問による督促を受けることになります。

自宅に来られて直接取り立てを受けると、家族や近隣住民にバレてしまうことも…。

 

ろっくす
ろっくす
家族にバレたくない人は、早急に対処すべきです。

残債を一括請求される

債権回収会社からの督促を無視すると、残債を一括請求されます。

分割の支払いでも難しい場合、一括で借金を請求されると払えない人が多いはずです。

また、一括請求される額には、利息や遅延損害金が上乗せされている金額であることが多いため、借りた額よりも大幅に増えている可能性があります

 

ろっくす
ろっくす
残債を一括請求されても、対応できない場合が多いでしょう。

 

債権回収会社に委託・譲渡された時点で、信用情報機関に事故情報は記録されています。

そのため、他の消費者金融機関から新たに借り入れることも難しくなります。

裁判所に支払い督促を申し立てる

債権回収会社は「取り立てで支払いが見込めない」と判断した場合には、すぐに裁判所へ支払い督促の手続きを申し立てます。

支払い督促とは、裁判所に申し立てをして「借金を支払いなさい」という命令を得るもの。

この支払い督促は訴訟に比べて、スピーディに決定が出ると言われています。

 

ろっくす
ろっくす
支払い督促を申し立てられると、支払いから逃れることはできません。

強制執行により給与が差し押さえられる

裁判所によって支払い督促が確定すると、それによって強制執行が可能になります。

強制執行で行われるのは、まず「給与の差し押さえ」です。

給与が差し押さえられると、給与の4分の1(毎月の税金・社会保険を除く)が債権回収会社に支払われることになります。

 

ろっくす
ろっくす
給与が差し押さえされると、会社にもバレてしまいます。

債務回収会社(サービサー)からの督促がきたときの対処法

債務回収会社(サービサー)からの督促がきたときの対処法

債権回収会社(サービサー)からの支払い督促が来たら、いったいどうすれば良いのでしょうか?

ろっくす
ろっくす
ここでは、債権回収会社からの督促が来た場合の対処方法をまとめます。

詐欺ではないことを確認する

債権回収会社から連絡があった場合、まずは「本当に実在する債権回収会社からの連絡なのか?」を確かめる必要があります。

近年、債権回収会社を名乗る詐欺業者は増えており、法外な支払いを要求されて詐欺に遭う被害があります。

詐欺業者か本物かを確認するポイントは、以下の通りです。

  • 実際に存在している債権回収会社かどうか
  • 請求内容に思い当たる節はあるか
  • 信用情報機関に情報開示請求をしてみて、その結果と合っているか

 

詐欺業者による督促であれば、弁護士や警察などに相談してください。

 

ろっくす
ろっくす
債権回収会社からの督促は無視せずに、きちんと中身を確認しましょう。

分割払いが可能か債権回収会社と交渉する

債権回収会社から残債を一括請求されても、支払うことができない場合には分割払いを交渉してみましょう。

分割払いが可能であれば、返済計画も立てやすいです。

自身での分割払いの交渉が難しい場合には、専門家である弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

ろっくす
ろっくす
弁護士や司法書士なら、交渉をスムーズに進めてくれます。

時効の援用を検討する

時効の援用とは、債務者が時効を主張すること。

借金には時効という概念があり、原則として弁済期(借金や利息の支払い期日)から5年が経過すると、時効によって消滅します。

 

しかし、時効の援用には厳しい条件があり複雑なため、素人が成立させるのは難しいです。

時効成立を狙って返済を放置すると、債権回収会社から裁判を起こされて、強制執行による財産差し押さえになる可能性もあります。

弁護士や司法書士に相談をして、アドバイスしてもらうと良いでしょう。

 

ちなみに以下のような場合は、借金の時効が無効になります。

  • 少額であっても借金の返済をした場合
  • 借金を返済するという意思表示をした場合
  • 債権者から裁判上の請求をされた場合

 

ろっくす
ろっくす
現実的に、時効の援用は難しいでしょう。

弁護士に債務整理を依頼する

「債権回収会社から督促を受けたけれど、返済できない…」という人は多いでしょう。

返済が間に合わない、支払う余裕がない…という人は、債務整理を検討してください。

債務整理を行うと、借金を減らせたり、返済期間を延長できたりする可能性があります。

 

ろっくす
ろっくす
債務整理に強い専門家に相談しましょう。

【まとめ】債権回収会社(サービサー)を無視するのは危険!弁護士に相談しよう

【まとめ】債権回収会社(サービサー)を無視するのは危険!弁護士に相談しよう

本記事では、債権回収会社の概要や督促への対処法を解説しました。

債権回収会社は、法務省の認可を得て債権の回収・管理を専門に行う会社です。

法外な取り立ては行われませんが、裁判所に支払い督促を申し立てるので、財産差し押さえになる可能性があります。

債権回収会社からの支払い督促は無視せずに、早急に対応しなければなりません。

1人で対応しきれない場合には弁護士や司法書士に相談して、債務整理を検討しましょう。

債務整理の経験者が選ぶ!借金の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所

1位:ひばり法律事務所

無料相談で借金の解決方法や債務整理のことを丁寧に教えていただけました。

借入先への交渉力が高く依頼費用も安いので、債務整理を検討している方は相談してみるべき弁護士事務所です。

僕もひばり法律事務所に任意整理の依頼をしました!

詳細記事【実体験も紹介!】ひばり法律事務所の特徴と評判・口コミ

相談はこちら:【無料・匿名OK】ひばり法律事務所の借金相談窓口

女性弁護士が担当する女性専用の窓口もあります!

 

2位:アヴァンス法務事務所

平日は21時まで、土日・祝日も19時半まで相談可能。

WEBで債務整理の交渉・返済の進捗が確認できて利用しやすい大手の司法書士事務所です。

>>アヴァンス法務事務所の詳細記事

 

3位:ライズ綜合法律事務所

無料・匿名の借金減額診断で気軽に相談が可能。

借金を減らせるのかまずは確認をしたい方におすすめです。

>>ライズ綜合法律事務所の詳細記事

借金減額診断はこちら

債務整理おすすめ事務所10選!実体験と口コミによる比較ランキング!
【経験者が選ぶ!】債務整理に強い弁護士・司法書士ランキングリボ払い・カードローン・奨学金などの借金の返済に苦しんでいて、債務整理という借金解決方法を知り検討している方もいると思います。 本記事では、僕が実際に債務整理をするために数多くの弁護士事務所・司法書士事務所を調べてきた中でおすすめできる事務所をランキング形式で紹介します。...
ABOUT ME
ろっくす
奨学金・リボ払い・カードローンの借金地獄と闘うアラサー借金男子。 2019年に任意整理をして、本気の借金返済を開始しました。 任意整理の体験談や借金生活について書いています。 ファイナンシャル・プランナー(FP)3級。全くプラニングできていませんけどねw 任意整理に関する疑問などありましたらSNSのDMから連絡ください。経験者としてお役に立てることもあるかと思いますので!
債務整理におすすめの弁護士・司法書士ランキング
\ 事務所の選び方まで徹底解説 /
債務整理おすすめランキング

迷ったらここ!債務整理に強い弁護士・司法書士事務所3選

1位 ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

名村法律事務所
【僕も任意整理を依頼しました!】
借金1,000万円超えで任意整理をしたいという面倒な僕の意向を聞いていただき、真剣に相談に乗っていただけました。
僕は全ての借金を希望通りに和解でき、任意整理の手続き後の対応もとても良かったです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>↓↓訪問して取材させていただきました!

【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の体験者が質問!
【インタビュー】ひばり法律事務所の山本弁護士に債務整理の依頼者が質問借金1,000万円返済中のろっくすです。 2019年に任意整理の依頼をしたひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)へ1年ぶりに訪問し...

2位 アヴァンス法務事務所

【大手ならではの安定感!】

豊富な実績はもちろんですが、大手ならではのサポートが充実しており安心して依頼できる司法書士事務所。

WEBで債務整理の手続きや返済状況を確認できるアヴァンス・ネクストが便利!
女性専用窓口アヴァンス・レディースもあります。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細無料相談はこちら>>

3位 弁護士法人ライズ綜合法律事務所
【まずは借金がいくら減らせるか確認できる!】
無料・匿名で利用できる借金の減額診断で、今ある借金がいくら減らせるか確認できます。
具体的な借金の相談をする前に利用してみるのもおすすめです。
費用
相談時間・オペレーション
対応の良さ
対応の柔軟性

体験談・詳細借金減額診断はこちら>>